2018.10.18

ふじのくに地球環境史ミュージアム写真展

現在、静岡市駿河区にあるふじのくに地球環境史ミュージアムで「第1回ミュージアム写真展」が開催されており、公募で選ばれた静岡県内の自然風景や生物、人と自然の関わりなどを捉えた写真を見ることができます。開催期間は10月28日(日)までです(月曜休館)。

写真展開催のふじのくに地球環境史ミュージアム

展示作品

優秀作品


初日は表彰式が行われ、入賞した5人に賞状と記念品が手渡されたほか、審査員の写真家による応募写真の講評もありました。

表彰式 審査員の講評


今回の写真展では、私の応募した浮島ヶ原自然公園で撮った「新緑の湿原」と富士宮市北部で撮った「神秘の原っぱ」の2作品が入選することができ、会場に展示していただいています。

新緑の湿原 神秘の原っぱ


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2018.10.17

戸村賢治木彫展

現在、富士宮市万野原新田にあるRYU GALLERYで富士市在住の戸村賢治さんによる木彫展が開催されています。「『おらたちのワールドカップ』味で勝負!!」と題して、人情味あふれる味わい深い人物やカエルなどの木彫り作品の数々を見ることができます。開催期間は10月21日(日)までです。

戸村賢治木彫展開催のRYU GALLERY

展示作品 展示作品

展示作品

展示作品 展示作品


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2018.10.16

雁堤コスモス開花状況 2018年10月15日

富士市のコスモスの名所、「雁堤」の開花状況です。10月15日現在、コスモスは台風からすっかり立ち直って見頃のピークを迎えており、土手沿いに咲き誇る花を存分に楽しめる状態です。この日は曇り空ながら冠雪した富士山が姿を現し、素敵な秋の風景を撮ることができました。

見頃のピークを迎えた雁堤のコスモスと富士山の風景

見頃のピークを迎えた雁堤のコスモスと富士山の風景 見頃のピークを迎えた雁堤のコスモスと富士山の風景

見頃のピークを迎えた雁堤のコスモスと富士山の風景

土手沿いに咲き誇るコスモスの花

土手沿いに咲き誇るコスモスの花 土手沿いに咲き誇るコスモスの花

土手沿いに咲き誇るコスモスの花


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2018.10.15

いちばんめしスタンプラリー

富士酸素工業のご当地ポイントサービス「ふじっち」の企画で、加盟店の一押しメニューを集めた「いちばんめし」が紹介され、現在人気投票とスタンプラリーが行われています。

いちばんめしの案内チラシ


スタンプラリーは4店舗のいちばんめしを食べてスタンプを集めると500円の割引券として使えるということで、早速気になる加盟店に行って、いちばんめしを食してきました。


◇芙蓉峰の麺処 姓屋 「白いカレーうどん」

麺の上にクリームが乗ったまろやかな味わいのカレーうどんです。麺を食べたあと、無料で追い飯ができます。

姓屋の店舗外観 姓屋の店内風景

姓屋のいちばんめし「白いカレーうどん」


◇Kamileon Cafe 58 「つけナポリタン」

魚介の出汁が特徴的なトマトスープに麺をつけていただきます。残ったスープはそば湯感覚で割って飲むことができます。

Kamileon Cafe 58の店舗外観 Kamileon Cafe 58の店内風景

Kamileon Cafe 58のいちばんめし「つけナポリタン」


◇そば食事処 金時 「かつ皿」 (写真はかつ皿セット、単品もあります。)

富士の名物グルメとして人気を集めており、柔らかな豚カツに蕎麦つゆで溶いたトロトロの玉子がかかっています。

金時店舗外観 金時店内風景

金時のいちばんめし「かつ皿」


こちらがスタンプラリーのカードです。最初にいちばんめしを食べた加盟店でゲットできます(各店舗限定100枚)。なお、スタンプラリーの開催期間は11月30日(金)までとなっています。

スタンプラリーのカード


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2018.10.14

みちゆかし「神秘の発酵食」

9月15日に藤枝市岡部宿で開催された東海道の魅力を体験するイベント「みちゆかし」のプログラム「神秘の発酵食」に参加してきました。発酵食は東海道に残る食文化の一つで、江戸時代の食事と発酵食の文化などについて学ぶプログラムです。

参加者は岡部宿にある大旅籠柏屋に集合。まずはかまどでご飯を炊き、その間に柏屋の内部を館長さんの案内で見学しました。見学後、ご飯が美味しそうに炊き上がっていました。

「神秘の発酵食」が行われた大旅籠柏屋 まずはかまどでご飯炊き

柏屋の内部を見学 柏屋の内部を見学

柏屋の内部を見学 柏屋の内部を見学

ご飯が美味しそうに炊き上がる ご飯が美味しそうに炊き上がる


続いて、柏屋の体験棟で鰹節から出汁を取って作る味噌汁の体験を行いました。海産物処ふじ田の藤田嘉士さんによる手ほどきで、何杯でもお代わりしたくなる美味しい味噌汁が出来上がりました。お昼はかまど炊きご飯と味噌汁に加え、玉取茸の甘酒マヨネーズ焼きや塩麹の栗の白和え、ほととぎす漬といった地元の食材や名物を使ったおかずを味わうことができました。

鰹節から出汁を取って作る味噌汁の体験

鰹節から出汁を取って作る味噌汁の体験 鰹節から出汁を取って作る味噌汁の体験

鰹節を煮立てて出汁を取る 取った出汁に味噌を入れる

いただいた昼食


昼食後は柏屋から岡部宿の町歩き。観光ボランティアガイドの案内で、宿場の面影が残る町並みをゆっくり歩きながら、糀作り体験を行うかど万米店を目指しました。

岡部宿の町歩きへ出発

宿場の面影が残る町並みを歩く 宿場の面影が残る町並みを歩く

かど万米店に到着


かど万米店での糀作り体験の模様です。私は醤油糀を選択しました。店主さんから糀についての解説を聞いたあと、糀と醤油を混ぜ合わせて作りました。作ったものは持ち帰り、毎日かき混ぜて常温のもとで熟成させ、1~2週間ほどで使えるようになります。また、糀を使った一品メニューの試食をすることもできました。

かど万米店での糀作り体験

かど万米店での糀作り体験 かど万米店での糀作り体験

糀をもみほぐす 糀と醤油を混ぜ合わせる

糀を使った一品メニューの試食


宿場の歴史や食文化を学んだり、町歩きや地元の食を存分に楽しめて良かったです。


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

«富士地域畜産まつり2018