« リベンジ! 富士山と芝桜 | トップページ | まちの駅ウォーキング »

2008.05.10

東海道吉原宿弁当「左富士」

富士常葉大学の学生とNPO東海道吉原宿が開発した弁当「左富士」が、本日行われたまちの駅ウォーキングの参加者向けに、ウォーキングコース途中にある広見公園で販売されました。値段は初代f弁と同じ1,200円と高めですが、どんな弁当か試してみたいと思い、早速その場で購入。公園で食べるつもりだったのですが、あいにくの雨模様だったため、自宅に持ち帰って食べました。

弁当の外観は段ボールでシンプルな感じですが、中身は桜えびや朝霧ヨーグル豚など、地元の産品がふんだんに使われています。弁当の製造は「ふじがんも」で有名な吉原のまつかやが行っており、「ふじがんも」も弁当の中に入っています。

Hidarifujiben01
弁当の外見は段ボール箱のような感じ

Hidarifujiben02
弁当のふたを開ける

Hidarifujiben03
弁当の中身

Hidarifujiben04
弁当の中身の説明書き

Hidarifujiben05
富士常葉大の学生とNPO東海道吉原宿が開発

|

« リベンジ! 富士山と芝桜 | トップページ | まちの駅ウォーキング »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/41157821

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道吉原宿弁当「左富士」:

« リベンジ! 富士山と芝桜 | トップページ | まちの駅ウォーキング »