« 仕事帰りの身代り地蔵尊 | トップページ | 明日は「小木の里まつり」 »

2008.07.24

まちの駅ウォーキング「富士山麓の双体道祖神をたずねて」 (その2)

7月20日に行われたまちの駅ウォーキング「富士山麓の双体道祖神をたずねて」の模様をお送りしています。その1からの続きです。コースマップはこちら

Mw20080720_02a Mw20080720_02b

     Mw20080720_02c Mw20080720_02d
9時42分(出発から52分)
穴原にある2個目の双体道祖神に到着。この双体道祖神は桜の木の下にあるので、桜が咲く時期にまた訪れてみたいと思います。また、天気が良ければここから富士山が見え、富士山と双体道祖神の撮影スポットとしても有名だとのことです。男女が手をつないでいる姿が可愛らしいです。


Mw20080720_02e Mw20080720_02f
9時52分(出発から1時間2分)
釈迦堂に到着。田子の浦から村山浅間神社、そして富士山に向かう村山古道の途中にあり、お堂の左側に「表口村山登山道」の道標があります。ここから少しだけ村山古道を歩いて、次の双体道祖神に向かいます。


Mw20080720_02g Mw20080720_02h
10時1分(出発から1時間11分)
神之宮八幡宮前にある3個目の双体道祖神に到着。双体道祖神と共に七福神の像なども置かれていました。


Mw20080720_02i  Mw20080720_02j  Mw20080720_02k
3個目の双体道祖神から杉田子安神社に向かう途中で富士宮市に入ります。境界を示す看板がないので、地図で確認しないと気付かない所であります。周囲は茶畑が多く、製茶工場の看板もあります。茶畑の中をしばらく歩くと、杉田子安神社が見えてきます。

その3に続く...


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

|

« 仕事帰りの身代り地蔵尊 | トップページ | 明日は「小木の里まつり」 »

まちの駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/41942463

この記事へのトラックバック一覧です: まちの駅ウォーキング「富士山麓の双体道祖神をたずねて」 (その2):

« 仕事帰りの身代り地蔵尊 | トップページ | 明日は「小木の里まつり」 »