« 宇津ノ谷峠散策 | トップページ | Float Frontier 佐野継将個展 »

2008.09.07

岡部宿散策

宇津ノ谷峠散策からの続きです。

宇津ノ谷峠(トンネル)を越えて岡部町にやって来ました。今回ここに来た理由は、鯛屋旅館「吉原本宿」のかぐやさんのブログにあった岡部町の記事を見て、実際に歩いてみたいと思ったからです。岡部宿散策の起点にと、最初に立ち寄ったのは「大旅籠柏屋」です。江戸時代末期に建てられた旅籠を修復して資料館としたもので、当時の宿場の様子を知ることができる資料展示のほか、敷地内に物産館や食事処、体験工房などを併設しています。

Okabesyuku01

Okabesyuku02 Okabesyuku03


ガイドさんの説明を受けて建物内の見学をした後、柏屋の敷地内にある「一祥庵」で昼食をとりました。ここでは「松花堂弁当」(写真右下)を美味しくいただきました。

Okabesyuku04 Okabesyuku05

Okabesyuku06 Okabesyuku07

一祥庵の女将さんは、吉原本宿のかぐやさんとお知り合いということで、私はかぐやさんの話を聞いてここに来たことや自分のHPのことなどの話をしました。その時、店に一通のFAXが届きました。それは何と、かぐやさんからのFAXでした。その中には、「土日あたりにお客さんが訪れるからよろしくお願いします。」といったことも書かれていました。はい、その私が今ここに来てますよー(笑)。

一祥庵では美味しい食事をしながら楽しいひと時を過ごすことができ、またコーヒーのサービスまであり、本当にありがとうございました。また岡部町に行く機会があれば立ち寄りますので、よろしくお願いします。


昼食後、岡部宿界隈を散策しました。柏屋から少し歩いていくと、土色や石畳風に舗装された細い道が見えてきます。この道が旧東海道で、所々に旧東海道の面影を残す古い建物があり、ジュビロ磐田のゴン中山選手の父で有名な中山儀助氏の家(写真右下の左側の建物)もありました。

Okabesyuku08 Okabesyuku09

Okabesyuku10 Okabesyuku11

1時間ほど岡部宿の散策をした後、玉露の里や朝比奈大龍勢の発射台などを見物して帰路に着きました。HPやブログを通じた出会いがあり、小さいけど有意義な旅になりました。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

|

« 宇津ノ谷峠散策 | トップページ | Float Frontier 佐野継将個展 »

旅行・観光」カテゴリの記事

コメント

FAX間に合ってよかったです(笑)

夕方、一祥庵の女将さんと電話でお話しました。
「いろいろお話できて良かったです。」と、喜んでいらっしゃいました。
昔と今では、宿場の在り様は変わっていますが、宿場宿場でこんな中継ができたら、53次の新しい楽しみ方が生まれるかもしれません。。。

投稿: かぐや | 2008.09.07 02:04

昨日は本当に楽しかったです。かぐやさんからのFAXも来て、まさに「中継」という感じでしたね。古い町並みや宿場の散策を通じて、さまざまな人と出会ったり、新たな人のつながりができたりと、私はますます「まち歩き」にはまっていきそうです。

投稿: Taitan | 2008.09.07 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/42398313

この記事へのトラックバック一覧です: 岡部宿散策:

« 宇津ノ谷峠散策 | トップページ | Float Frontier 佐野継将個展 »