« 仕事帰りの出来事 | トップページ | 夕暮れ時の笠雲 »

2008.11.29

合併記念まちの駅ウォーキング (その3)

11月24日に行われた富士市・富士川町合併記念「特別公開 古谿荘庭園と旧東海道ウォーキング」の模様をお送りしています。その2からの続きです。コースマップはこちら


「かりがね産直市」を出て少し行くと、富士川の治水のために人柱が祀られた護所神社を通り、雁堤の上を富士川方面に向かって歩いていきます。先月まではコスモスが植えられていた雁堤の花壇ですが、今はパンジーに替わっていました。

Mw20081124_03a Mw20081124_03b


雁堤を過ぎると富士川橋が見えてきます。ここを渡ると、11月1日に合併したばかりの富士川地区へ入ります。

Mw20081124_03c  Mw20081124_03d  Mw20081124_03e


11時20分(出発から2時間38分)
このウォーキングの最大の見どころ、特別公開された「古谿荘」(こけいそう)に到着しました。特別公開は2001年以来7年ぶりとあって、ウォーキングの参加者に加えて、特別公開を一目見ようと市内外から多くの来場者があり、会場内は混雑していました。要所要所で観光ボランティアガイドの方が説明をしたり、琴の演奏が行われたりしました。

Mw20081124_03f Mw20081124_03g

Mw20081124_03h Mw20081124_03i

Mw20081124_03j Mw20081124_03k

    

Mw20081124_03l Mw20081124_03m

Mw20081124_03n Mw20081124_03o


古谿荘の見学が一通り終わって富士川駅方面に少し歩くと、富士川町商工会による飲食物や特産品等の販売が行われていました。時間的にはここで昼食にしても良かったのですが、今にも雨が降り出しそうな雲行きになってきたので先を急ぎました。

Mw20081124_03p Mw20081124_03q


富士川町商工会による出店会場の少し先には畳屋さんがあり、ここでは畳を使った作品の展示や小物の販売が行われていました。古谿荘公開に合わせて、一般のお店がこのような「おもてなし」をしていたのは印象に残りました。来年、この畳屋さんが新たなまちの駅に加わっているのかも知れません。

Mw20081124_03r Mw20081124_03s

Mw20081124_03t Mw20081124_03u


12時11分(出発から3時間29分)
ゴール地点の富士川駅に到着し、まちの駅ウォーキングの走破証を貰いました。また、まちの駅カレンダーやてぬぐいたおるといった、まちの駅グッズの販売も行われていました。

ここまで雨に降られることなく、無事にゴールまでたどり着くことができました。かぐやさんの作ったてるてる坊主のおかげですね。

Mw20081124_03v Mw20081124_03w


今回のウォーキング参加で、まちの駅ウォーキングのトータルの走破距離が100kmに到達したので、早速事務局の「コミュニティf」に行って念願の「100km走破ピンバッジ」を頂いてきました。

Mw20081124_03x

今後、300kmの走破バッジを作成したり、新たな常設コースも開設されるということなので、次のステップを目指して歩いていきたいと思います。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

|

« 仕事帰りの出来事 | トップページ | 夕暮れ時の笠雲 »

まちの駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/43258765

この記事へのトラックバック一覧です: 合併記念まちの駅ウォーキング (その3):

« 仕事帰りの出来事 | トップページ | 夕暮れ時の笠雲 »