« 中央公園周辺の桜 | トップページ | 芝川町内房のたけのこ »

2009.04.12

夕暮れ時の下馬桜

現在、富士宮市狩宿にある「狩宿の下馬桜」が見頃のピークを迎えています。この桜は樹齢800年以上の山桜の巨木で、源頼朝が富士山麓で巻狩りをした時、馬をつなぎ止めていたと伝えられていることから、「駒止の桜」とも呼ばれています。

この日は「春の菜の花さくらまつり」の開催で、特産品などの販売が行われたほか、桜に隣接した菜の花畑越しに富士山を眺めることができました(撮影:4月11日夕暮れ)。

Gebazakura01

Gebazakura02 Gebazakura03


下馬桜の周囲は日暮れとともにかがり火が灯され、幻想的な雰囲気の中で夜桜見物をすることができました。

Gebazakura04 Gebazakura05

Gebazakura06 Gebazakura07

Gebazakura08


なお、「春の菜の花さくらまつり」は本日までの開催です。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

|

« 中央公園周辺の桜 | トップページ | 芝川町内房のたけのこ »

花・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/44640732

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れ時の下馬桜:

« 中央公園周辺の桜 | トップページ | 芝川町内房のたけのこ »