« トラトリアさんの「キャベツロール」 | トップページ | 薬丸印の... »

2009.05.05

原の史跡散策

4月29日

この日は沼津市原の松蔭寺で白隠禅師の書画が一般公開されるということで、まちの駅「吉原宿・東木戸のくすりやさん」のKさんからのお誘いを受け、一緒に行きました。

松蔭寺は白隠禅師の菩提寺として知られています。寺の人よりも詳しいのではないかと思われるKさんの説明を聞きながら、本堂内に展示された書画や建物の見学をしました。

Hara01 Hara02

Hara03   Hara04


松蔭寺の見学後、少し歩いた所にある帯笑園(たいしょうえん)へ。江戸時代には東海道随一の名園と言われていて、東海道を往来する大名などが立ち寄り、多くの書画や植物が収集・鑑賞されていました。こちらも普段非公開の庭園が一般公開されており、園内では琴の演奏や桜草の展示などが行われていました。

Hara05   Hara06

Hara07 Hara08


その後、旧東海道沿いの寺や白隠禅師の誕生地などを見学しました。今回の散策を通じて、今まで知らなかった原の史跡や歴史に触れることができ、大変有意義な時を過ごすことができました。

Hara09 Hara10

Hara11   Hara12

また、Kさんはこの機会を利用して、原のボランティアガイドの方などと情報交換も行いました。地元の「吉原」と東隣の「原」、かつて東海道の宿場だった同士の交流が広がっていくと面白いですね。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

|

« トラトリアさんの「キャベツロール」 | トップページ | 薬丸印の... »

旅行・観光」カテゴリの記事

コメント

taiちゃん、こんにちは。
原ですか・・・実はね、その白隠さんの隣に、母の実家があります。だから子供のころは、そこが遊び場だったりしました。
あの松の上のすり鉢、見たよね。白隠もなかという、すり鉢型をした美味しいもなかが、近所のお菓子屋さんで売られていますよ。

原はけっこう好きです。穏やかな風が吹いていたでしょ?

投稿: ちか | 2009.05.05 14:08

ちかさん

今まで原と言えば、東海道の一宿場町という漠然とした見方でしたが、実際に散策してみると、隠れた見どころが点在していて面白いですね。
またゆっくりと散策してみたいと思います。そして、「白隠もなか」も味わってみたいです。

来年の一般公開の時は、皆で一緒に原へ行きましょう!

投稿: Taitan | 2009.05.05 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/44891075

この記事へのトラックバック一覧です: 原の史跡散策:

« トラトリアさんの「キャベツロール」 | トップページ | 薬丸印の... »