« 富士山しらす街道を歩く(その1) | トップページ | 富士山しらす街道を歩く(その3) »

2009.09.11

富士山しらす街道を歩く(その2)

富士山しらす街道を巡るウォーキング、その1からの続きです。コースマップはこちら

県道を東に進んでいくとT字路交差点に突き当たります。この交差点の角に3つ目のしらす店「海栄丸」があります。交差点を南下(右折)するとJA富士市田子浦支店があり、その一角に「田子っこ産直市」という地元農産物等の直売所があります。

Shirasukaido02a Shirasukaido02b


田子っこ産直市を出て少し進むと、県道は東に急カーブして田子の集落に沿って田子の浦漁港方面に向かいます。ここから漁港に出るまでの約2kmの間にしらす店が6つあり、まさに「しらす街道」と呼ぶにふさわしい様相を呈してきます。西から順番に「新孝丸いな天」、「望月しらす店」、「しらすの八幡」、「かねます商店」、「時田水産」、「金丸水産」となります。このうち、しらすの八幡は富士市まちの駅に認定されており、駅名は「しらすの網元」です。また、金丸水産は磯料理店(主にグループでの会食・宴会向け)を併設しています。

参考までに各店間の距離を示しておきます。
新孝丸いな天-約270m-望月しらす店-約660m-しらすの八幡-約420m-かねます商店-約70m-時田水産-約70m-金丸水産

Shirasukaido02c Shirasukaido02d

Shirasukaido02e Shirasukaido02f

Shirasukaido02g Shirasukaido02h


金丸水産を過ぎて600mほど進むと、しらす漁の拠点である田子の浦漁港が見えてきます。港内にはたくさんの漁船が係留されており、漁師町の雰囲気が漂います。しらす漁の期間中は、漁港内にある田子の浦漁協でも生しらすを販売しています。漁港沿いには「加藤しらす店(進悦丸)」と「日の出丸」という2つのしらす店があります。

Shirasukaido02i Shirasukaido02j

Shirasukaido02k Shirasukaido02l


漁港沿いの2つのしらす店の間にあり、しらす料理が食べられるという「和楽房 尚奄」(しょうえん)で昼食に。ここでは新鮮な魚介を使った創作料理や寿司など、予算と好みに合わせてメニューを選ぶことができます。私は生しらす丼と桜えびのかき揚げ等がセットになった「駿河」という定食を注文。やはり目の前が漁港の料理屋さん、生しらすの鮮度は抜群でした。生しらすを買って家で食べるのとは全く違います。この周辺を散策・ウォーキング等をする際には、昼食時間帯に到着できるようにコース設定しておくのがおすすめです。

Shirasukaido02m Shirasukaido02n

Shirasukaido02o

Shirasukaido02p Shirasukaido02q


その3に続く...


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

|

« 富士山しらす街道を歩く(その1) | トップページ | 富士山しらす街道を歩く(その3) »

まち歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/46149852

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山しらす街道を歩く(その2):

« 富士山しらす街道を歩く(その1) | トップページ | 富士山しらす街道を歩く(その3) »