« ゴーイング☆ハイウェイ2009 | トップページ | ちょっくら東海道バスツアーin新居宿(その2) »

2009.09.29

ちょっくら東海道バスツアーin新居宿(その1)

9月26日、吉原本宿主催の「ちょっくら東海道バスツアーin新居宿」に参加しました。朝8時30分、参加者約40人を乗せたバスは吉原本宿を出発して一路新居町へ。車中では、富士市観光ボランティアガイドのKさんによる新居宿の歴史に関する説明を聞いたり、新居町を紹介した映像を見ながら過ごしました。

Arai01 Arai02


新居関所脇に11時頃到着し、ここからは地元新居宿のガイドさんの案内によるまち歩きのスタートです。ここで今回のコースを紹介しておきます。

新居関所入口→水路の船だまり→湊神社→稲荷大明神→共同井戸→小松楼(昼食)→龍谷寺→諏訪神社→神宮寺→隣海院→紀伊国屋資料館→新居関所・資料館


より大きな地図で ちょっくら東海道バスツアーin新居宿 を表示


関所のある通りから町中に入っていくと、所々に当時の宿場の雰囲気を感じさせる古い建物を見ることができます。

Arai03 Arai04

Arai05 Arai06


浜名湖方面にしばらく歩いていくと水路があり、たくさんの漁船が係留されていました。船はこの細い水路を縫うように通って浜名湖へ漁(主に牡蠣)に出ているのです。

Arai07 Arai08


水路を過ぎて内陸へ行くと、「しょうな」と呼ばれる細い路地があります。家々に挟まれたプライベートな空間を抜けていくような感じです。

Arai09 Arai10


細い路地を抜けると、「源太ノ山」という木々に覆われた小さな山があり、そこには湊神社と稲荷大明神という2つの神社があります。「源太ノ山」の名は、源頼朝の配下の武士がこの山から周囲を見渡したことに由来しています。

Arai11 Arai12


源太ノ山を過ぎると、常夜灯と共同井戸があります。井戸の水は飲めませんが、自分でくみ上げた水に触れるだけでも気持ち良く感じられました。

Arai13 Arai14


この先は再び町中の通りや路地を歩き、道沿いに点在する古い建物を見ながら昼食場所の「小松楼」へ向かいます。

Arai15 Arai16


11時50分頃、昼食場所の「小松楼」へ到着。ここは大正時代の頃に栄えた芸者置屋がそのままの形で保存されている貴重な建物で、現在は観光やまちづくりの施設として活用されています。

Arai17 Arai18

その2に続く...


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

|

« ゴーイング☆ハイウェイ2009 | トップページ | ちょっくら東海道バスツアーin新居宿(その2) »

まち歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/46329111

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっくら東海道バスツアーin新居宿(その1):

« ゴーイング☆ハイウェイ2009 | トップページ | ちょっくら東海道バスツアーin新居宿(その2) »