« そば処 種新 | トップページ | 富士山しらす街道を歩く(その1) »

2009.09.09

富士本町の古い建物

8月末に行われた「楽々市」の時に、ふと「吉原町並ウォッチングツアー」のことを思い出し、富士本町にも古い建物はないか注視しながら歩いていたところ、商店街の通り沿いに見つけることができました。ここは加藤酒店という老舗の酒屋さんで、商店街通りの側からはアーケードに阻まれて全体像を見ることができませんが、建物北側の空間から歴史を感じさせる石造りの建物を垣間見ることができました。

Katosaketen01 Katosaketen02


今後、富士本町周辺でこのような古い建物や史跡などを探して、「まち歩き」ができたらと思います。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

|

« そば処 種新 | トップページ | 富士山しらす街道を歩く(その1) »

街並み・建築物」カテゴリの記事

コメント

トラックバックさせていただきました。
この建物は内部もとても素敵ですよ。
機会があったら一緒に見学にいきませんか。

ブログは初心者なのでいろいろとおしえてください。

投稿: やまちゅうこと山崎創建 | 2009.09.18 22:02

山崎創建さん

ぜひ中も見学してみたいです。
機会がありましたら、よろしくお願いします。

あと、9月27日(日)に久保田さんの案内で吉原のまち歩きが行われます。
詳細は http://fujipakumagazin.i-ra.jp/ で。

投稿: Taitan | 2009.09.19 06:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/46149128

この記事へのトラックバック一覧です: 富士本町の古い建物:

» 町屋(2) [私的文化財]
昨年調査させていただいた富士の町屋です。 以下が所見の一部です。 瓦葺き屋根、外壁と破風板はトタン張りで、アーケードで隠されて全景を見ることが出来ないが旧東海道沿いに良く見られる出し桁のある屋根が特徴である。外壁や雨樋は元は銅板だったが戦時中に徴収され、現在の物になったという。現在のトタン張りの外壁は大部分で塗装が劣化し錆が出て状態が悪く残念であるが、前面板金仕上げの外観は迫力がある。雨樋の役物や雨戸の鏡板等は手間がかかっており建物をいっそう引き立てている。店先の雨戸の戸箱は土台... [続きを読む]

受信: 2009.09.18 22:19

« そば処 種新 | トップページ | 富士山しらす街道を歩く(その1) »