« 冬の陣場の滝・小田貫湿原 | トップページ | ひょうたん作品展 »

2010.01.30

「休暇村富士」でお昼を

前記事の小田貫湿原を散策しているうちに、時間が13時近くになっていました。吉原本宿の「蔵出し試飲ツアー」に参加している方々は田貫湖を13時30分に出発してしまうため、急いでツアー参加者がいる田貫湖畔の「休暇村富士」へ向かいました。

この「休暇村富士」は田貫湖西岸にある宿泊施設で、ダイヤモンド富士(4月20日頃と8月20日頃)が見られる絶景ポイントにあります。宿泊だけでなく、ランチや入浴などの日帰り利用もできます。

Kyukamura01 Kyukamura02


建物の中に入ると、ツアーの参加者の皆さんは既に食事をし終わっており、ロビーなどで談笑したりしていました。参加者の方々と話をしたあと、湖を眺めることができるランチルームへ。ここでは地元の特産品である虹鱒を使った「ニジマスのお刺身どんぶり」をいただきました。

Kyukamura03 Kyukamura04

Kyukamura05 Kyukamura06

なお、ツアー参加者がいただいた昼食は「鯛屋旅館『吉原本宿』勝手に応援団」ブログで。一般向けのランチメニューとは別の団体向けに用意されたメニューで、釜飯などが出たようです。


入口のロビー付近には、カフェコーナーや土産物売り場もあります。また、明後日(2月1日)からは天然温泉「富士山恵みの湯」が開湯し、天然温泉での日帰り入浴が楽しめるようになります。

Kyukamura07 Kyukamura08


現在、ロビーにはつるし雛飾りが展示されています(左写真)。この飾りは富士宮本町商店街のレディース会(女性部)の手によるもので、商店街の店舗でも同様の展示が行われているとのことです。

Kyukamura09 Kyukamura10

13時30分過ぎ、ツアー参加者が休暇村を後にします。私は正面玄関から出発するバスを休暇村の従業員と共に手を振って見送りました(右写真)。
「行ってらっしゃい! さようなら!」 (実はまた後で会います...)


ツアー参加者を見送ったあと、湖岸にある展望デッキへ。この日は残念ながら富士山は雲に隠れて見えませんでしたが、天気の良い日には下の写真(2006年1月撮影)のように湖越しに富士山を眺めることができます。この場所は、ダイヤモンド富士が見える時期には全国からたくさんのカメラマンが殺到します。

Kyukamura11 Kyukamura12

Kyukamura13


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

|

« 冬の陣場の滝・小田貫湿原 | トップページ | ひょうたん作品展 »

地元ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/47423233

この記事へのトラックバック一覧です: 「休暇村富士」でお昼を:

« 冬の陣場の滝・小田貫湿原 | トップページ | ひょうたん作品展 »