« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.28

「ボンジョルノ ナポリン!」初披露!!

本日吉原で「つけナポリタンまつり2010」が開催され、会場に設けられたステージで、つけナポリタンのオリジナルソング「ボンジョルノ ナポリン!」が初披露されました。皆様からのリクエストにお応えして、動画付きで緊急アップします!

Naposong01

Naposong02 Naposong03

Naposong04 Naposong05


歌うナポリンズ 動画


ナポリンズwithダンス 動画


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パピアクリップとろうそくの灯り展

現在、厚原にあるkoko kaltio.で「パピアクリップとろうそくの灯り展」が開催されています。パピアクリップとはデンマークの伝統的な切り細工のことで、今回の展示ではパピアクリップ作家さんの作品とキャンドルのコラボレーションを楽しむことができます。開催期間は3月4日(木)までです。

Papirklip01 Papirklip02

Papirklip03 Papirklip04

Papirklip05 Papirklip06


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.27

富士本町おひな祭り

現在、富士本町商店街の空き店舗を使って「富士本町おひな祭り」というお雛様の展示イベントが行われています。富士本町周辺から集めた雛飾りや吊るし雛、御殿飾りなどが展示されているほか、湯茶接待のサービスも行われています。期間は4月6日(火)までです。

Ohinafes01 Ohinafes02

Ohinafes03 Ohinafes04

Ohinafes05 Ohinafes06

Ohinafes07 Ohinafes08


最近は1月に閉店したイトーヨーカドー4月で閉館するシネプレーゴなど、何かと寂しい話題が多い富士本町ですが、このようなイベントを通じて街を盛り上げていって欲しいですね。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.26

「和雅家」で一息を

岩本山へ向かう道を登っていく途中に「和雅家」(わがや)という食事処があります。富士の市街地を眺めることのできる高台にあり、店内からの景色を楽しみながら食事をすることができます。

Wagaya01 Wagaya02

Wagaya03 Wagaya04


このお店には自然薯やつくねなどを使ったの創作系のメニューが豊富にあり、どれも美味しく頂くことができました。また、甘味のメニューもいくつかあって、食事だけでなくカフェ気分で気軽に利用することもでき、ほっと一息つきたい時にもおすすめの店だと思います。

Wagaya05 Wagaya06

Wagaya07 Wagaya08


そして、富士市街地を望む敷地内には梅の木が植えられた庭があり、その中にある四阿(あずまや)で梅見をしながら一服することができます。岩本山公園の陰に隠れてしまって目立たない印象ですが、ここも立派な梅見スポットだと思います。

Wagaya09

Wagaya10 Wagaya11


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.25

今週末は「つけナポリタンまつり」

今週末の2月28日(日)、吉原の市営吉原本町駐車場と長さん小路を会場に「つけナポリタンまつり2010」が開催されます。このイベントでは、つけナポリタン提供店のうち9店舗が出店して食べ比べをすることができるほか、オリジナルソング「ボンジョルノ ナポリン!」の初披露も行われます。

Tsukenapofes2010


これに先立って、2月23日に「富士山の日」制定記念イベントとして、長さん小路でつけナポリタン223食無料サービスとつけナポリタン食事券が当たるガラガラ抽選会が行われました。

Event223a Event223b

Event223c Event223d

私は昼休み時間を使って12時過ぎに行きました。その時には既に223食のサービスは終了していましたが、余ったスープと麺があったため、何とかつけナポリタンにあり付くことができました。話によると、サービス開始の11時前から長蛇の列ができる程の人気ぶりだったとのことです(フジブログさんの記事参照)。やはり、無料サービスは最強ですね!


【PR】
Googleマップで作成した「つけナポリタン提供店Webマップ」を公開中!


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.24

「岩本山梅祭り」開催中!

富士山と梅の風景が楽しめる岩本山公園。現在、梅の花が見頃を迎えています。

Umefes01


ここでは2月20日から「岩本山梅祭り」と銘打ったイベントが開催されており、公園の芝生広場付近にご当地グルメのつけナポリタンや富士宮やきそばなどの出店が軒を連ねているほか、観光ボランティアガイドによる観光パンフレットの配布や園内の案内なども行われています。

Umefes02

Umefes03 Umefes04

Umefes05 Umefes06


2月20日(土)と21日(日)には、この梅祭りの目玉イベントである「観梅ウエディング」が行われ、各日1組ずつ選ばれた新郎新婦が展望デッキで愛の誓いをしたあと、赤じゅうたんが敷かれた梅園内の散策路を歩いて梅の苗木の記念植樹を行い、訪れたたくさんの観梅客から祝福を受けました。

Wedding01 Wedding02

Wedding03 Wedding04

Wedding05 Wedding06

     


イベント最終日の2月28日(日)には「岩松北地区梅まつり」も行われ、地区住民による模擬店や各種ステージ発表など、多彩な催しが行われることになっています。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.23

今日は「富士山の日」

本日2月23日は、223の語呂合わせで「富士山の日」。静岡県では昨年末に「富士山の日条例」が制定され、この日を中心に県内各地で富士山に関するイベントなどが開催されています。

ここ富士市でも、富士山の日にちなんだイベントがいくつか開催されており、ユニー吉原店では富士山専門ギフトショップ「東海道表富士」による富士山グッズや富士ブランド品の販売が行われています。

Uny_omotefuji01 Uny_omotefuji02

Uny_omotefuji03 Uny_omotefuji04

Uny_omotefuji05 Uny_omotefuji06


注目は、日大国際関係学部「金谷ゼミたんぽぽ」の学生が企画開発し、大富士給食との協同によって商品化された「た~んと富士山弁当」です。しらすやニジマス、たけのこなど、富士山周辺の特産品をふんだんに使った“富士山の恵み”たっぷりの弁当は、実際に食べてみて美味しかったのでお勧めします。

Fujiben01 Fujiben02

Fujiben03 Fujiben04


なお、このイベントは本日18時までです(弁当は数量限定・売り切れ次第終了)。
ユニー吉原店の東口から入ってすぐ左脇の場所で開催されています。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.22

お雛祭りと和のこころ展

現在、富士宮市のRYU GALLERYで、「お雛祭りと和のこころ展」が開催されています。11人の作家さんによる、さまざま素材で作られた雛飾りの作品を見ることができます。開催期間は2月28日(日)までです。

Ohinawa01 Ohinawa02

Ohinawa03 Ohinawa04

Ohinawa05 Ohinawa06


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.21

お茶屋さんのプチ展示

富士宮市高原にある「ヤマタカ櫻井製茶」さんで、店内のちょっとしたスペースを使ってクラフト作家さんの展示が行われているとの情報をブログから拾い、足を運んでみました。

Yamtaka_tenji01 Yamtaka_tenji02


現在はハンドメイドフェルト「まどれーぬ」さんの作品展示が行われており、布フェルトやフェルト玉、フェルトで作られたバッグなどを見ることができます。期間は本日(2月21日)までです。

Yamtaka_tenji03 Yamtaka_tenji04

Yamtaka_tenji05 Yamtaka_tenji06


その前の週は「パーチメントクラフト」という、厚手のトレーシングペーパーをレースのように加工していくクラフトの作品展示が行われていました。

Yamtaka_tenji07 Yamtaka_tenji08


このような店舗のちょっとした空きスペースを使った展示、とても好感が持てます。今後もこのような展示企画を継続していって欲しいですね。ここは微妙に富士宮市なのですが、富士市であったら、まちの駅として認定されるべき場所だと思います。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.20

「しずおか町並みゼミin吉原宿」 交流会編

「しずおか町並みゼミin吉原宿」のレポート、3回目の今回は2月13日夜に行われた交流会の模様をお送りします。

ワークショップ終了後、吉原商店街から少し南に行った所にある「ホテル比佐志」に移動しました。ここの1階にある食事処「和洋膳ひさ志」が交流会の会場です。

Machizemi03a Machizemi03b


町並みゼミの代表者の挨拶のあと乾杯が行われ、交流会がスタートしました。場内の各所では、お酒を飲みながら観光やまちづくり談義など、大いに盛り上がっていました。

Machizemi03c Machizemi03d

       


今回の交流会には、静岡市を拠点に活動されている「hito20」の方々も参加し、二人が肩と肩で支えあいながら20m走る競技のPRを行いました。ここでは、以前私が食べ歩きした藤枝の「せとやコロッケ」とタイアップしたステッカーや、キャラクターの編みぐるみまで登場し、PRに一役買っていました。なお、このhito20は3月下旬に吉原で開催されるイベントに登場予定とのことです。

Machizemi03e Machizemi03f

       

Hito20a Hito20b


楽しい交流会のひと時はあっという間に過ぎていき、最後は吉原独特の締めで終了となりました。私は参加できませんでしたが、交流会のあとも2次会・3次会と深夜まで続いていったようです。

Machizemi03g


今回の町並みゼミでは、自分なりにまちづくりに情熱を燃やされている方々と交流することができて良かったと思います。またこのようなイベントがあったら参加したいと思いますので、よろしくお願いいたします。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.19

「しずおか町並みゼミin吉原宿」 講演&ワークショップ編

「しずおか町並みゼミin吉原宿」のレポート、2回目の今回は2月13日午後に行われた講演会とワークショップの模様をお送りします。

会場のコミュニティfにそれぞれのまち歩きが終わった参加者が集合し、町並みゼミの主催者や開催地の代表者などの挨拶があったあと、講演会が行われました。

Machizemi02a


今回の講演会の講師は、いつも吉原本宿でお世話になっている、かぐやさんこと水谷利江子さんです。「吉原におけるまちおこしとまちの駅の役割」と題して、現在のまちづくり活動に携わるに至った経緯や、吉原本宿での活動におけるさまざまなエピソードなどを語り、吉原という宿場町を舞台にしたまちおこしへの思いが伝わってくる大変良い講演を聞くことができました。

Machizemi02b  Machizemi02c


かぐやさんの講演のあとは、参加者が以下の4テーマの班に分かれて議論を行うワークショップが行われました。

 A.観光資源を見つけることからの提言
 B.文化・芸術・歴史を活かしたまちづくりからの提言
 C.地域コミュニティの中核づくりからの提言
 D.まちなみ景観の保全と建築物を活用したまちづくりからの提言

付箋に各々の意見を書き、それを出し合って議論を進めていく手法で、地域のまちづくりや観光などに対する活発な意見交換がなされました。参加者はまちづくりや観光に携わる人、都市計画、建築家、行政関係者など、多岐に渡っており、さまざまな角度からの考えやアイデアが出ていました。

Machizemi02d

Machizemi02e Machizemi02f

Machizemi02g Machizemi02h


約2時間のワークショップでの議論の末、各グループの机上の模造紙上にはたくさんの意見が書かれた付箋が貼られ、活発な意見交換が行われたことを如実に物語っています。最後に各グループの代表者がまとめの発表を行いました。

Machizemi02i Machizemi02j

Machizemi02k Machizemi02l

       


こちらがさまざまな意見が書かれた付箋が貼られたワークショップの成果物です。ここで出た意見は、今後のまちづくりにとって貴重な宝物となることでしょう。

Machizemi02m Machizemi02n

Machizemi02o Machizemi02p


発表終了後、参加者全員で記念撮影をして交流会へ。(続く)

Machizemi02q


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.18

「しずおか町並みゼミin吉原宿」 まち歩き編

2月13日から2日間、旧東海道の宿場だった吉原商店街周辺を舞台に、「しずおか町並みゼミin吉原宿」というイベントが開催されました。この町並みゼミは毎年静岡県内の宿場町など、昔の面影が残る町並みがある地区を会場に開催されており、今年で6回目になります。

私は13日のゼミ1日目に参加させて頂きましたので、その時の模様を「まち歩き編」、「講演&ワークショップ編」、「交流会編」の3回に分けてお送りします。


1回目の今回は「まち歩き編」です。まち歩きはA~Cの3つのコースが用意され、私はBコースに参加しました。このBコースは「吉原昭和ノスタルジィ体験コース」という名で、岳南鉄道の乗車体験や0系新幹線、防火建築ビルの見学など、昭和の古き良き時代を楽しめるコースです。

コース:コミュニティf→吉原本町駅(まちの駅「ほんちょうえき岳鉄プラザ」)―[上り電車]―岳南原田駅―[下り電車]―吉原本町駅→松栄堂薬局(まちの駅「吉原宿・東木戸のくすりやさん」)→松野精肉店→本一ビル→NTT西日本富士営業支店(まちの駅「もしもし未来パーク」)→山大園本店(まちの駅「憩いの茶の間」)→新通町公園→sofarii(昼食)→コミュニティf


より大きな地図で しずおか町並みゼミin吉原宿 Bコース を表示


午前10時、コミュニティfを出発して吉原本町駅に向かいました。吉原本町駅はまちの駅「ほんちょうえき岳鉄プラザ」を併設しており、岳南鉄道を走る電車の写真や鉄道グッズ等の展示があります。

Machizemi01a Machizemi01b


展示を見終わってホームに行き、岳南江尾方面下り電車に乗って岳南原田駅へ。岳南原田駅ではすぐに対面する吉原方面上り電車に乗り換え、吉原本町駅へ戻りました。行きは「青がえる」(かぐや富士)、帰りは「赤がえる」に乗車。短い時間でしたが、ちょっとしたローカル線の旅を楽しみました。

Machizemi01c Machizemi01d

Machizemi01e Machizemi01f


岳南鉄道のプチ旅のあとは、駅のすぐ近くにある松栄堂薬局(まちの駅「吉原宿・東木戸のくすりやさん」)へ。ここでは現在、だるま展が開催されており、駅長さんの説明を聞きながらオリジナルだるまコンテストの作品等の見学をしました。今年も力作が勢揃いです。

Machizemi01g Machizemi01h


だるま展の見学後は、吉原商店街の少し北側にある松野精肉店に行きました。ここでは、お肉屋さん手作りの昔なつかしいコロッケをいただきました。この日はぐずついた肌寒い陽気だったので、ほくほくのコロッケで冷えた体が温まります。

Machizemi01i Machizemi01j


次は吉原商店街の東側にある本一ビルです。商店街の近代化と火災の延焼を防ぐ防火帯の役割として、昭和36年に建築された3階建ての共同ビルです。築50年ほど経過して老朽化が進んでいますが、当時の貴重な商店街建築物として登録文化財になる可能性があるとのこと。屋上から見ると、商店街の通りに沿って防火壁のように細長く建築されているのが良く分かります。

Machizemi01k Machizemi01l


NTT西日本富士営業支店(まちの駅「もしもし未来パーク」)です。1階のショールームには、昔の電話機の展示から始まって、最新の光インターネットを紹介する展示まであり、電気通信の歴史を垣間見ることができます。また、通信用の大きなアンテナが建つ屋上に案内していただき、吉原周辺の風景を楽しみました。天気が良ければ、ここから雄大な富士山が見えるとのことですが、この日は残念でした。

Machizemi01m Machizemi01n


富士市内では老舗のお茶屋さん、山大園本店(まちの駅「憩いの茶の間」)です。ここでは駅長さんが入れたお茶をいただき、お話に耳を傾けながら一服しました。

Machizemi01o Machizemi01p


山大園本店の近くにある新通町公園へ。ここには貴重な0系新幹線の現物が展示されており、車内の見学をすることもできます。また、毎月第2日曜日にはミニSLの運行も行われており、親子連れの人気を集めている交通系の公園です。

Machizemi01q Machizemi01r


最後は商店街の通り沿いにあるカフェ「sofarii」に立ち寄り、ここで昼食をとりました。ここでの食事は、もちろんご当地グルメの「つけナポリタン」。麺を食べ終わった後、残ったスープに入れるおにぎりが本当に美味いです!

現在、つけナポリタンを食べられるお店は30店舗を超えており、吉原発祥のご当地グルメとして着実に成長・発展をしています(「つけナポリタン提供店Webマップ」参照)。

Machizemi01s Machizemi01t


食事後はメイン会場のコミュニティfに戻り、講演会とワークショップです。(続く)


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.17

とん忠さんのつけナポリたん

つけナポリタン食べ歩き(その34)

今回は、2月10日からつけナポリタンの提供を開始した「とん忠」さんの紹介です。三日市浅間神社の東側にあるこのお店は「あーとふれんど」とも呼ばれ、年間を通じてさまざまな芸術作品の展示が行われています。その店内には「とん忠さんのつけナポリたん」という張り紙が!

Tonchu01  Tonchu02


こちらが「とん忠さんのつけナポリたん」です。とん忠さんはラーメンが主なメニューなので、スープにつける麺はもちろんラーメンの麺を使っています(ラーメンの麺は駿香楼さんに次いで2店舗目)。スープは、ラーメンのダシにトマトを加えたもので、玉ねぎのスライスが表面に乗っているのが特徴で、中には筍・キクラゲ・ホタテなどの中華系の具材がたっぷり入っています。また、お好みでバターを入れると、味噌バターラーメンのようなまろやかさを楽しむこともできます。

Tonchu03

Tonchu04 Tonchu05

Tonchu06 Tonchu07


【PR】
Googleマップで作成した「つけナポリタン提供店Webマップ」を公開中!
もちろん、今回のとん忠さんも反映済み。

2月28日(日)に市営吉原本町駐車場と長さん小路で
「つけナポリタンまつり2010」を開催!


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.16

だるま展

今週末の2月20日から3日間に渡って開催される「毘沙門天大祭」にちなんで、吉原周辺の2つのまちの駅でだるまの展示が行われています。


◇和みの輪処(骨董喫茶 健康堂) 「沢屋の静岡張子展」

静岡市の張子職人「沢屋」さんの手によるだるまや祝鯛をはじめ、今年の年賀切手の図柄に採用された虎の張子も展示されています。2月22日(月)まで。

Darumaten01 Darumaten02

Darumaten03 Darumaten04

Darumaten05 Darumaten06


◇吉原宿・東木戸のくすりやさん(松栄堂薬局) 「毘沙門天大だるま展」

毘沙門天大祭で販売されている地元のだるまをはじめとする、全国各地のだるまが展示されているほか、「オリジナルだるまコンテスト」の作品も展示されています。期間は2月下旬頃まで。

Darumaten07 Darumaten08

Darumaten09 Darumaten10

Darumaten11 Darumaten12


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.15

沼川早咲き桜 開花ペース鈍る

浮島工業団地付近を流れる沼川沿いに植えられた早咲き桜ですが、1月中というかなり早い時期に咲き始めたものの、2月に入ってからの寒さの影響もあって開花のペースが鈍ってきており、現在は2~3分咲き程度の咲き具合になっています(撮影:2月14日)。

前回の記事で2月中旬には満開になるのではと予想しましたが、結果的に大外れとなってしまいました。現在の状態から推測すると、満開になるのは2月の終わり頃にずれ込みそうです。

Numasakura20100214a Numasakura20100214b

Numasakura20100214c Numasakura20100214d


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.14

国際交流フェア2010

2月7日、ふじさんめっせを会場に今年で22回目となる「国際交流フェア」が開催されました。富士市内の国際交流団体等によるステージや物品販売、各国文化の体験コーナーといった、数多くの国際色豊かな催しが行われたほか、屋外では各国料理や地元グルメ等の飲食ブースも設けられ、多くの外国人が訪れるなど賑わいを見せていました。

Kokusai2010a

Kokusai2010b Kokusai2010c

Kokusai2010d Kokusai2010e

Kokusai2010f Kokusai2010g

Kokusai2010h Kokusai2010i

Kokusai2010j Kokusai2010k


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.13

上野の里 酒蔵めぐり

2月7日、富士宮市の上野地区にある「富士正酒造」と「牧野酒造」という2つの酒蔵で、初めての蔵開きイベントが行われました。


まずは富士正酒造に足を運びました。午前10時の開始直後から多くの人が訪れており、新酒・甘酒試飲コーナーや地元の農産物・食品販売のほか、ニジマス料理やつけナポリタンなどのご当地グルメもありました。

Uenokura01 Uenokura02

Uenokura03 Uenokura04

Uenokura05 Uenokura06

Uenokura07 Uenokura08


富士正酒造から牧野酒造までは徒歩で移動します。この日は澄んだ冬の青空が広がり、のどかな田舎道を歩きながら素晴らしい富士山を眺めることができました。

Uenokura09 Uenokura10


牧野酒造に到着すると、場内は人で埋め尽くされているような感じで、大変な盛り上がりを見せていました。こちらでも新酒の試飲・販売コーナーや地元農産物・グルメ等の出店のほか、地元の「上野南条太鼓」演奏もありました。

Uenokura11 Uenokura12

Uenokura13 Uenokura14

Uenokura15 Uenokura16

Uenokura17 Uenokura18

Uenokura19 Uenokura20


今回の蔵開きイベント、初めての開催ということですが、そうとは思えないほどの賑わいで、会場では多くの知り合いの方に会うことができました。やはり、ブログ等での口コミのパワーがここまでの集客につながったのではと思います。また、ある方から「酒を飲むイベントなのに車で来るなんて...」と言われましたが、たくさんのグルメや特産品等の見どころがあり、酒が飲めなくても十分に楽しめるイベントだと思います。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.12

EXHIBITION#03

現在、大渕にある富士芸術村で、佐藤洋輔さん・鈴木一生さん・松下隆彦さんの3人による「EXHIBITION#03」という作品展が行われており、それぞれの個性あふれた作品が展示されています。開催期間は2月28日(日)までの毎週金・土・日曜日です。

Exhibition01 Exhibition02

Exhibition03 Exhibition04


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.11

クロンボ風つけナポリタン

つけナポリタン食べ歩き(その33)

久々のつけナポリタン新規店ネタです。今回はこの2月からつけナポリタンの提供を開始した「クロンボ富士店」さんを紹介します。店内のテーブルにはパフェのメニューがずらりと並んでおり、パフェがこのお店の主力商品であることをアピールしている感じです。

Kuronbo01

Kuronbo02 Kuronbo03


こちらがクロンボさんのつけナポリタンです。ベーコン・玉ねぎなどと一緒にバターで炒めた麺を、アサリとホタテが入ったトマトスープにつけます。また、麺の脇には千切りキャベツとトマトが添えられています。

Kuronbo04

Kuronbo05 Kuronbo06


この次はパフェも一緒に注文してみたいですね。なお、営業時間は9時からですが、つけナポリタンなど食事メニューの提供は11時からとなっています。


【PR】
Googleマップで作成した「つけナポリタン提供店Webマップ」を公開中!
もちろん、今回のクロンボさんも反映済み。

2月28日(日)に市営吉原本町駐車場と長さん小路で
「つけナポリタンまつり2010」を開催!


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.02.10

ビジネス交流フェア

2月5日、富士商工会議所で「ビジネス交流フェア」がありました。私は昼休みの細切れ時間を使って、会場を覗いてきました。

会場内には富士地区の企業のブースが並び、自社製品のPRや異業種間の交流などが活発に行われていました。やはり富士市は「紙の街」ということで、紙関連の製品・商品を出展する企業が数多く見られました。また、「富士ブランド」を紹介するコーナーや、ひまわりの茎を原料に使って作られたトイレットペーパー「ひまわりロール」の展示もありました。

Bizkoryu01

Bizkoryu02 Bizkoryu03

Bizkoryu04 Bizkoryu05


今回のフェアで注目を集めていたのが、「デザインマッチングブース」です。これは富士地区で活躍するデザイナーの方が集まり、企業や商品のイメージ作りで重要となっている「デザイン」を提案するものです。

この中には、富士市のご当地グルメ「つけナポリタン」の食べ歩きマップを制作したアウターネットさんやオリジナルキャラクター「ナポリン」のデザインを担当したアトリエパセリさんの出展もありました。

Bizkoryu06 Bizkoryu07

Bizkoryu08 Bizkoryu09


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.09

「一の市」での新物

2月1日、吉原商店街で今年最初の「一の市」が開催されました。一の市はその名の通り、毎月1日開催(1月は休み)なので、富士本町の楽々市(毎月最終日曜開催)と違って平日開催になることも多く、なかなか行くことができないのですが、先日「カフェ プレアーテ」での薬膳講座の時に配布された「新鮮野菜市」のチラシ(左)が気になり、昼休みを抜け出して行ってみることにしました。

この「新鮮野菜市」はプレアーテ隣のほんいちパーキングで開催されており、地元産のキャベツや大根、米などが販売されていました。私が行った時にはそれほど人通りは多くありませんでしたが、既に売り切れているものもいくつかあり、販売開始の時間帯は賑わっていたものと思われます。

1noichi01 1noichi02


そして、当日知ったもう一つの新物を紹介します。吉原本宿前で自家製天然酵母パンの販売を行っている「デリス愛鷹亭」さんが出した「つけナポリタンロール」! パンの間に愛鷹亭オリジナルのトマトスープを絡めた麺を挟んだものです。

愛鷹亭さんは、つけナポリタンプロジェクト(富士宮のB-1フェスタなど)による出店で調理の手伝いをするなど、数あるつけナポリタン販売店の中でも普及活動に積極的に参加されているからこそ、できた一品だと思います。

1noichi03 1noichi04


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.08

アート・アンド・マイホーム

1月31日午後、富士市フィランセで「アート・アンド・マイホーム」という創作体験型のイベントが開催されました。このイベントは男女共同参画事業「男(ひと)と女(ひと)のフォーラム」の一環として行われ、富士芸術村村長の漆畑先生が講師となって、創造力などに関する話を聞いたあと、ワークショップが行われました。

Artmh01 Artmh02


ワークショップでは、参加者があらかじめ家の形に加工された木材を自由に選んで色を塗ったり絵を描いたりと、思い思いに自分の家を作っていきました。小さな木に色を塗っていく作業ですが、参加者全員が時間が経つのを忘れてしまうほど家作りに没頭していました。

Artmh03 Artmh04

Artmh05 Artmh06


最後に、参加者が思い思いに作った家を道路が描かれた紙の上に並べ、一つの街が出来上がりました。老若男女がそれぞれに取り組んたものが形になった瞬間です。これぞ年齢・性別を問わず互いに価値や個性を認め合う「男女共同参画」の精神ですね。

Artmh07 Artmh08

Artmh09 Artmh10

       


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.07

賑わう新年最初の「楽々市」

1月31日、新年最初の富士本町「楽々市」が開催されました。この日は穏やかな天候で、私がこれまで見た中では一番と思うくらいの多くの人で賑わっていました。会場の一角では甘酒も振る舞われるなど、熱気にあふれた市となりました。

Rakuraku201001a

Rakuraku201001b Rakuraku201001c

Rakuraku201001d Rakuraku201001e


今回の楽々市では、「ジンジャーアップ」という生姜を砂糖で煮詰めた食品などを販売するnikoさんにお会いしました。nikoさんはパソコン教室を運営しながら、このような新しい食品を開発された方です。

ジンジャーアップは、おつまみとしてそのまま食べるだけでなく、生姜風味の調味料として飲み物や料理に入れて使うこともできます。

Rakuraku201001f Rakuraku201001g

このジンジャーアップ、富士宮市で本日(2月7日)行われる「上野の里まつり 酒蔵めぐり」イベントにも出店するとのことです。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.06

パッチワークキルト展と絵画展

現在、ロゼシアターの展示室で「HOLLY HOCK TOWN パッチワークキルト作品展」と「川邉絵画教室 作品展」という2つの展示会が開催されており、さまざまな模様の布を組み合わせて作られた大きなキルト作品や風景画などを見ることができます。開催期間はいずれも明日(2月7日)までです。

Rose_tenji01 Rose_tenji02

Rose_tenji03 Rose_tenji04

Rose_tenji05 Rose_tenji06

Rose_tenji07 Rose_tenji08


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田舎時間 冬

1月30日、大渕の山あいにある体験農園「ちゃの生」さんで、「田舎時間 冬」というイベントが開催されました。周囲を茶畑などの緑に囲まれた環境の中で、お茶カフェや菓子・雑貨等の販売、体験コーナーなど、さまざまな催し物が行われ、普段は静寂に包まれた山里が賑わいを見せました。

Chanoki01 Chanoki02


屋外ではペンキ塗り、屋内ではカラーセラピーや手作りコスメなど、気軽に体験できるコーナーが設けられました。

Chanoki03 Chanoki04

Chanoki05 Chanoki06


ケーキやクッキー、自家製酵母パンといった手作りスイーツ等の販売と、ほうじ茶を飲みながら和室でゆったりと過ごすことができる「お茶カフェ」が人気を集めていたほか、アクセサリーや和ランプなどの雑貨販売もあり、充実した「田舎時間」を楽しむことができました。

Chanoki07 Chanoki08

Chanoki09 Chanoki10

Chanoki11 Chanoki12


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.05

「ヨシワラ大学 食育学部」開校!

1月29日夜、吉原の「カフェ プレアーテ」を会場に、食に関するさまざまな講座を開催する「ヨシワラ大学 食育学部」が開校しました。

Yuniv01


記念すべき第1回目は「薬膳講座」が行われました。「富士市学校給食を考える会」会長や薬膳アドバイザーなど、富士地区で食に関する活動をされている小櫛和子さんを講師に招き、実際に地元の農産物を使った薬膳料理を食べながら、食と健康について学びました。

Yuniv02 Yuniv03

Yuniv04 Yuniv05


今後も「プロから学ぶ珈琲講座」(2月9日)や「安心・安全レシピ」(2月26日)など、続々と食に関する講座が行われる予定になっています。講座の詳細や申し込みはプレアーテのHPで。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.04

まちなか探検隊 岩松編

1月24日、フジパク(富士山博覧会)の「まちなか探検隊」第5回目として、岩松のまち歩きが行われました。

コース:瑞林寺駐車場→山門→涼月院→庚申四方塔→毘沙門堂→本堂→大願王殿→瑞林寺墓地(古郡家の墓など)→瑞林寺鐘楼前


より大きな地図で まちなか探検隊 岩松編 を表示


今回のまち歩きは瑞林寺の駐車場からスタートし、ガイドは「岩松の歴史を語る会」会長の落合さんが務めました。まずは正面の入口である山門に向かいます。

Fujipaku201001a Fujipaku201001b


参道入口にある瑞林寺の山門です。中央には山号の「福寿山」という文字が大きく書かれた立派な山門です。瑞林寺は富士市には数少ない黄檗宗の寺院で、延宝2年(1674年)の創建です。

Fujipaku201001c Fujipaku201001d


山門から少し歩くと、左側に「涼月院」という小さな寺院があります。この寺も瑞林寺と同じく黄檗宗で、本尊である石の観音像が安置されている壁には人物などの絵が描かれています。この絵は、元々は天井にあったものですが、建物の改築の時に保存したとされています。

Fujipaku201001e Fujipaku201001f

Fujipaku201001g Fujipaku201001h


涼月院を出て庚申四方塔などの石塔を見たあと、再び瑞林寺の参道を進んでいくと、本堂の左側に「毘沙門堂」が見えてきます。木製の小さなお堂の周囲には十二支の彫刻が施されています。

Fujipaku201001i Fujipaku201001j

Fujipaku201001k Fujipaku201001l


本堂の脇を通って「心字ヶ池」という名の池にかかる橋を渡り、裏手にある「大願王殿」へ。ここには瑞林寺の本尊で国指定の重要文化財「木造地蔵菩薩坐像」が安置されています(注:普段は公開していません)。

Fujipaku201001m Fujipaku201001n

Fujipaku201001o Fujipaku201001p


大願王殿から裏の歩道を抜け、寺から少し東に行った所には瑞林寺の墓地があり、その昔暴れ川だった富士川の治水のために「雁堤」を造った古郡親子三代が眠る古郡家の墓や、日韓の孤児を養育し「38度線のマリヤ」と呼ばれた望月カズさんが眠る望月家の墓といった著名人の墓があります。

Fujipaku201001q Fujipaku201001r


著名人のお墓を見終わり、再び瑞林寺に戻って鐘楼前で解散となりました。この鐘楼は明治時代の建築で、立派な造りをしています。

Fujipaku201001s Fujipaku201001t

今回はほぼ瑞林寺の見学だけで終わってしまったので、岩松編というよりは瑞林寺編と言ったほうが適当でしょう。この次に岩松のまち歩きがあれば、実相寺や雁堤などの方面も行きたいですね。


解散後、参加者数人で岩本山の中腹にある「和雅家」へ行って昼食に。これについては「和雅家」自体の紹介を兼ねて後日書きたいと思います。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.03

緊急告知

明日(2月4日)の18時16分頃からのだいいちテレビ「リアルタイムしずおか」で、イトーヨーカドー富士店閉店についての特集が放送されます。

その中で、先日私が書いた閉店についてのブログ記事の写真がいくつか使われることになりましたので、お知らせします。ぜひご覧ください。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉原天神社の梅と絵馬

現在、吉原天神社の両脇に植えられた紅白の梅のうち、右側の紅梅が見頃を迎えています(撮影:1月30日)。ここでは本日(2月3日)の16時から節分祭の豆まきが行われます。

Tenjin01 Tenjin02


この天神社には学問の神様である菅原道真が祀られています。受験シーズン真っ只中の今、天神社オリジナルの絵馬で合格祈願してみるのも良いかと思います。なお、この絵馬は吉原商店街にある富士山専門ギフトショップ「東海道表富士」で購入することができます。

Tenjin03 Neishi_pre04


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.02

地ビール工房見学

田貫湖から蔵出し試飲ツアー参加者の後を追って、「バイエルンマイスタービール」へ行きました。白糸の滝の近くにあるこのビール屋さんは、かつて富士市にあった駿河ビールでビール職人として働いていたドイツ出身の方が開設した地ビール工房です。

ここでは地ビールを購入することはもちろん、地ビールを飲みながら食事をすることもできます。

Bauern01 Bauern02

Bauern03 Bauern04


ツアー参加者と一緒に地ビール工房の中を見学しました。工房の中では、オーナーの地ビール職人の方が製作過程等を説明してくださいました。

Bauern05 Bauern06

Bauern07 Bauern08


今回の「蔵出し試飲ツアー」には、部分的に飛び入り参加してしまいましたが、来年はちゃんとツアーに参加して楽しみたいと思っていますので、よろしくお願いします。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.01

田貫湖ふれあい自然塾

一昨日の記事の続きです。田貫湖の展望デッキ周辺を散策したあと、休暇村に隣接する「田貫湖ふれあい自然塾」へ行きました。ここは環境省が整備した施設で、自然体験プログラムや宿泊などができます。

今回は自然塾のメイン施設である、「自然体験ハウス」の中に入ってみました。富士山周辺の自然に関するインフォメーションセンターとしての役割も担っており、無料で入場・見学することができます。富士山や田貫湖周辺の自然・歴史等を紹介する展示や子供向けの遊び場のほか、富士宮周辺の観光パンフレットも充実しています。

Shizenjuku01 Shizenjuku02

Shizenjuku03 Shizenjuku04

Shizenjuku05 Shizenjuku06

Shizenjuku07 Shizenjuku08


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »