« ほたるの夕べコンサート | トップページ | 雪解け苺 »

2010.05.27

竹かぐやin竹採公園

5月22日夜、竹採公園で竹灯篭に火を灯す「竹かぐや」のイベントが開催されました。今回はかぐや姫伝説の地での初めての開催ということで、期待に胸を膨らませながら現地に足を運びました。園内の各所にはさまざまな形の竹灯篭が設置されており、日暮れと共に蝋燭のほのかな明かりが徐々に浮かび上がってきました。

Takekaguya01 Takekaguya02

Takekaguya03 Takekaguya04


すっかり日が落ちて辺りが闇に包まれると、竹灯篭のほのかな明かりが織り成す幻想的な空間が広がり、時間が経つのを忘れるほど夢中になって眺めていました。また、この竹かぐやを中心になって運営している「FiiL-net」(フィルネット)の方々による説明も行われ、来場者は興味深そうに話を聞いていました。

Takekaguya05

Takekaguya06 Takekaguya07

Takekaguya08 Takekaguya09

     

Takekaguya10 Takekaguya11

Takekaguya12 Takekaguya13

今回の竹採公園での開催は、竹かぐやにふさわしい最高のロケーションで楽しむことができ、本当に素晴らしいの一言に尽きます。今後も定期的に竹採公園での竹かぐや開催されることを期待します。


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

|

« ほたるの夕べコンサート | トップページ | 雪解け苺 »

イベント・祭り」カテゴリの記事

コメント

竹灯籠はきれいですね(^^)

富士市のかぐや姫関係な企画展は終わってしまいましたが、小規模公立な地味な場所ではありますが、いろいろ仕掛けているので、何かのおついでにお運びになられてはいかがでしょう?

http://museum.city.fuji.shizuoka.jp/cms/index/

投稿: 1sugi | 2010.05.28 19:20

1sugiさん

コメントありがとうございます。
博物館には時々足を運んでおり、企画展も楽しみにしています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: Taitan | 2010.05.28 22:44

博物館においでいただいているとのこと、ワタシは一応「なかのひと」なので、企画展を楽しみにしていただけるとはとてもうれしいです(^^)

これから夏に向けて「没後30年 井上恒也」展と「おうちのどうぐ。」展を開催いたします。

前者は富士市生まれの日本画家の作品を展示するもので、昨日開会いたしました。200号を越える大作もでており、いつもの「茶色っぽいモノ」が並んでいるのとは少し雰囲気が違います。

後者は夏休みに子どもたちに暮らしの道具の移り変わりを学んでもらおうと企画したモノで、現在詰めの作業にかかっています。

体験イベントなども毎月のように行っていますので、また足を運んで頂ければ幸甚ですm(__)m

投稿: 1sugi | 2010.05.30 09:58

1sugiさん

いろいろと博物館の情報ありがとうございます。

博物館の中の事に詳しいので薄々感じていましたが、
やはりそうだったのですね!

投稿: Taitan | 2010.05.31 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/48452488

この記事へのトラックバック一覧です: 竹かぐやin竹採公園:

« ほたるの夕べコンサート | トップページ | 雪解け苺 »