« つけナポ大盛況@神奈川フードバトル | トップページ | 小さなパン屋さん »

2010.05.06

まちなか探検隊 富士川松野地区

4月25日、フジパク(富士山博覧会)の「まちなか探検隊」第8回目として、富士川松野地区のまち歩きが行われました。

コース:松野まちづくりセンター→双体道祖神→富士川第二中学校・小学校→旧身延道の路地→馬頭観音→妙松寺→櫓an


より大きな地図で まちなか探検隊 富士川松野地区 を表示


今回はフジパク主催者の山崎さんがガイドする形で、松野まちづくりセンターからスタートしました。スタート後すぐに田園地帯の中を歩いていきました。

Fujipaku201004a Fujipaku201004b


田園地帯を通る細い道から旧県道に出る交差点の脇に双体道祖神がありました。この双体道祖神、松野地区ではここだけのようですが、富士市内全域で見ると鷹岡・大渕方面に多く分布しています。

Fujipaku201004c Fujipaku201004d


旧県道沿いをしばらく歩いていくと、富士川第二中学校の校庭脇の土手にヤギを発見。ここで飼われているのかは良く分かりませんが、今回のまち歩きに参加した子供達に愛嬌を振る舞っていました。

Fujipaku201004e Fujipaku201004f


富士川第二小学校の辺りから、「旧身延道」と呼ばれる細い路地のような所を歩いていきました。途中、木々の新緑が美しい場所や農作業が行われている田園からの富士山の眺めなど、この時期らしい風景を楽しむことができました。

Fujipaku201004g Fujipaku201004h

Fujipaku201004i Fujipaku201004j


その後、馬頭観音のある大木の下や、農家と畑の間をすり抜けるような雰囲気の良い細い路地を通過していきました。

Fujipaku201004k Fujipaku201004l


そして、北松野の山が迫る高台にある妙松寺へ。ここの山門とその両脇にある桜の老木の風景がいい感じです。3月下旬には見事な桜の花を楽しむことができます。

Fujipaku201004m Fujipaku201004n


ここから旧県道沿いを一気に戻ってスタート地点の松野まちづくりセンターを通過し、南松野にある今回のまち歩きの終着点、「櫓an」さんへ行きました。ここでは「櫓an」代表の久保田さんから、国の登録有形文化財になっている火の見櫓についての説明を受けたあと、建物内にある喫茶「無上帑(むじょうど)」で一服しました。のどかな里山の中に建つ火の見櫓の風景、本当に絵になります。

Fujipaku201004o Fujipaku201004p

Fujipaku201004q Fujipaku201004r


本家「お天気屋さん」HPもよろしく。

|

« つけナポ大盛況@神奈川フードバトル | トップページ | 小さなパン屋さん »

まち歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/48272224

この記事へのトラックバック一覧です: まちなか探検隊 富士川松野地区:

« つけナポ大盛況@神奈川フードバトル | トップページ | 小さなパン屋さん »