« 産業観光ワークショップinしずおか(前編) | トップページ | 今年最初の「市」 »

2011.02.06

産業観光ワークショップinしずおか(後編)

1月28日から2日間行われた「産業観光ワークショップinしずおか」の模様、前編からの続きです。


吉原を後にして、みりん風調味料やぽん酢などを製造している福泉産業に向かいました。ここでは工場内を見学したあと、ぽん酢作りを体験しました。参加者一人ひとりに空の瓶と3種類の液体が入った紙コップが用意され、瓶に入れて混ぜ合わせるだけの簡単な作業でオリジナルのぽん酢が出来上がりました。また、吉商本舗と須津中の生徒がコラボして商品化した「吉商本ぽん津」の紹介もありました(現在吉商本舗などで販売中)。

Skws02a Skws02b

Skws02c Skws02d


続いて、富士地区の工業排水路を管理している岳南排水路管理組合へ。ここではかつて大きな社会問題となった製紙工場からの排水によるヘドロ公害とそれを防ぐために建設された工業排水路について、写真とビデオを見ながら理解を深めました。

Skws02e Skws02f


モニターツアー最後の目的地、田子の浦漁協へ。主にしらす漁が行われている田子の浦漁港周辺地区は現在「富士山しらす街道」のネーミングでPRを図っており、富士市の新しい観光資源として注目されています。漁協の組合長さんからしらす漁や観光への取り組みなどの話を聞いたあと、漁港内を見学しました。

Skws02g Skws02h

Skws02i Skws02j


モニターツアーが終わって吉原駅に移動。ここからは岳南鉄道の電車を貸し切っての交流会です。毎年夏に行われている「ビール電車」と同様に地ビール飲み放題で、食事は富士宮やきそば、浜松餃子、つけナポリタン等、静岡のB級ご当地グルメを詰め込んだ弁当風のメニューをいただきながら楽しいひと時を過ごしました。

Skws02k Skws02l

Skws02m Skws02n


2日目はロゼシアターでフォーラムが開催されました。基調講演・前日のモニターツアー報告のあと、パネルディスカッションが行われ、今後の産業観光のあり方や課題などについて考えていきました。

Skws02o Skws02p


今回の産業観光ワークショップでは、「大人の社会科見学」の気分を楽しめて本当に良かったです。パネルディスカッションの中でも話が出ていましたが、企業・工場側の受け入れ態勢などの課題をクリアして、気軽に「大人の社会科見学」ができる場所を増やし、地域の産業を観光に活かしていけたら良いのではないかと思います。富士地域にはまだまだたくさんの隠れた魅力があるはずなので、それを掘り起こしていくのにも産業観光は役に立つのではないかと思います。


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« 産業観光ワークショップinしずおか(前編) | トップページ | 今年最初の「市」 »

まち歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/50747910

この記事へのトラックバック一覧です: 産業観光ワークショップinしずおか(後編):

» のっけてジュレぽん酢と昆布ぽん酢ジュレ [のっけてジュレぽん酢と昆布ぽん酢ジュレ]
のっけてジュレぽん酢と昆布ぽん酢ジュレについて解説しています。 [続きを読む]

受信: 2011.02.21 11:36

« 産業観光ワークショップinしずおか(前編) | トップページ | 今年最初の「市」 »