« 岳あるき (前編) | トップページ | 春の菜の花さくらまつり »

2012.04.21

岳あるき (後編)

4月7日に参加した岳南鉄道主催のまち歩きイベント「岳あるき」、前編からの続きです。


須津地区のまち歩きを終えて須津駅へ。ここから再び電車に乗って岳南富士岡駅へ向かいます。駅構内には3月まで現役で活躍していたED501ED402・ED403の機関車3両が並んで留まっていました。

Gakuaruki02a Gakuaruki02b

Gakuaruki02c Gakuaruki02d


岳南富士岡駅から比奈駅方面に向かって工場地帯を歩きます。工場の大きなタンクや幾筋もの配管、見上げるような高さの煙突などの工場萌えな風景を楽しんだほか、途中にある踏切からは貨物ヤードを見ることもできました。

Gakuaruki02e Gakuaruki02f

Gakuaruki02g Gakuaruki02h


工場地帯を抜けて比奈駅東側へ。ここにある使われていない古びたポイントを実際に動かしてみました。かなりの重量感があります。

Gakuaruki02i Gakuaruki02j


続いて比奈駅前にある鉄道模型屋さん「Fuji Dream Studio 501」へ。小さな店内には岳鉄電車の模型など、たくさんの鉄道模型が展示・販売されているほか、岳鉄グッズの販売も行っています。

Gakuaruki02k Gakuaruki02l


比奈駅から電車に乗って帰路へ。岳鉄沿線の魅力を思う存分楽しむことができ、天気にも恵まれて時間が経つのを忘れてしまうほどの充実したまち歩きでした。

Gakuaruki02m Gakuaruki02n


岳南鉄道では今後も夜の工場夜景まち歩きなど、さまざまな企画を検討しているとのことです。これからもこのようなイベントを楽しみにしています!


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« 岳あるき (前編) | トップページ | 春の菜の花さくらまつり »

まち歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/54484767

この記事へのトラックバック一覧です: 岳あるき (後編):

« 岳あるき (前編) | トップページ | 春の菜の花さくらまつり »