« 岳南鉄道写真展 | トップページ | 富士市オープンガーデン 春の一斉公開 »

2012.05.04

富士の新茶風景

富士市は「富士のやぶきた茶」のブランドで知られる静岡県内有数のお茶の産地で、丘陵地や山間地などに多くの茶畑があります。4月下旬から5月上旬頃にかけて、お茶の新芽が伸びて、色鮮やかな茶畑の風景を気持ち良く楽しむことができます。天気が良ければ茶畑から富士山を眺めることのできるスポットもいくつかあり、多くのカメラマンが訪れます。


◇岩本山周辺 (撮影:4月28日午後)

Shincha2012a

Shincha2012b Shincha2012c


◇大淵周辺 (撮影:4月28日午後)

Shincha2012d Shincha2012e

Shincha2012f


◇富士川土手沿い (撮影:5月1日早朝)

Shincha2012g Shincha2012h


最近、カメラマンのマナーの悪さから茶園への立入が禁止になったしまった箇所もあると聞きます。茶園から新茶や富士山の風景を撮影する際には、丹精込めて育てているお茶農家さんに迷惑を掛けないよう、マナーを守ってくださいね。


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« 岳南鉄道写真展 | トップページ | 富士市オープンガーデン 春の一斉公開 »

花・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/54605883

この記事へのトラックバック一覧です: 富士の新茶風景:

« 岳南鉄道写真展 | トップページ | 富士市オープンガーデン 春の一斉公開 »