« 圧巻の竹灯篭! | トップページ | ガスパチョ・トロピカーナ »

2012.07.17

富士市民大学講座で三島まち歩き

5月後半から7月中頃にかけて行われていた「富士市民大学前期ミニカレッジ」の中に観光まちづくり入門講座があり、関心のある内容だったので受講していました。その一環として先日、三島市街をまち歩きするフィールドワークがありましたので、以下にその内容を紹介します。


まずは三嶋大社へ。神職の方のガイドで正式参拝ツアーをしました。境内にある神社建築や歴史などについて説明を受けたほか、本殿内でのお祓いや普段は入れない本殿裏の見学などもあり、貴重な体験をすることができました。また、この日はちょうど大祓に当たっていたので、参道には茅の輪もありました。

Kankokouza_fw01 Kankokouza_fw02

Kankokouza_fw03 Kankokouza_fw04

Kankokouza_fw05 Kankokouza_fw06


三嶋大社をあとにして「三嶋暦師の館」へ。仮名文字の暦としては日本最古とされる「三嶋暦」について、館の案内人さんから説明を受けながら展示品を見たあと、版に墨を塗って上から和紙を載せて刷る暦作り体験をしました。

Kankokouza_fw07 Kankokouza_fw08

Kankokouza_fw09 Kankokouza_fw10


昼食は三嶋大社の西側にある「上うなぎ丸平」で。文化財に登録された歴史ある蔵の中で、三島名物のうなぎを使った定食を美味しくいただきました。

Kankokouza_fw11 Kankokouza_fw12

Kankokouza_fw13 Kankokouza_fw14


昼食後は地元をこよなく愛する三島市役所職員の方によるガイドで、湧水あふれる三島市街のまち歩き。楽寿園源兵衛川などを巡って街の魅力に触れました。特に源兵衛川沿いは、まるで川の中を歩いているかのような気分になれる遊歩道が整備されるなど、市民の力によって綺麗な水辺の景観が蘇ったことなどが紹介されました。

Kankokouza_fw15 Kankokouza_fw16

Kankokouza_fw17 Kankokouza_fw18

Kankokouza_fw19 Kankokouza_fw20

川の中で子供たちが気ままに水遊びをしていたり、川沿いにある気軽に立ち寄れる一服処でのおもてなし風景などを目の当たりにして、日常の市民生活の中に自然な形で観光が溶け込んでいる印象を強く受けました。


このフィールドワークや毎週行われた講義・ワークショップを通じて、観光まちづくりやこれからの観光のあり方などについて理解を深めることができ、大変有意義な時間を過ごすことができて良かったです。またこのような機会があったらぜひ参加したいと思います。


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« 圧巻の竹灯篭! | トップページ | ガスパチョ・トロピカーナ »

まち歩き」カテゴリの記事

旅行・観光」カテゴリの記事

コメント

 こういう内容だったんですね。
 気になっていたのですが、日程的にいけない日だったので参考になりました。ありがとうございます。
 実は私は三島出身なんですね。
 今は富士の生活が長くなってしまいましたが、古いものを残しつつ変わっていく風景がなんだか懐かしく新しかったです。

投稿: まきこん | 2012.07.18 08:57

まきこんさん

今回、「観光」というキーワードに惹かれて受講しました。
受講者も富士市の観光に関心のある方ばかりで、皆さんと楽しく過ごすことができ、そしてためになるいい機会でしたよ。

投稿: Taitan | 2012.07.19 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66103/55155583

この記事へのトラックバック一覧です: 富士市民大学講座で三島まち歩き:

« 圧巻の竹灯篭! | トップページ | ガスパチョ・トロピカーナ »