« 富士山と、ナイトクルーズ。 | トップページ | 本田あまね展「南米旅行の記録2」 »

2016.03.21

湿原に春の訪れ

貴重な湿原が残る富士市東部の浮島ヶ原自然公園では、ノウルシやヒキノカサなどの湿原植物の花が見られるようになり、春の訪れを感じることができます。天気の良い時には湿原と富士山がコラボした風景も楽しめます。これから4月にかけて湿原の草木が芽吹いて新緑に覆われ、一年で最も美しい季節を迎えます。

浮島ヶ原自然公園 湿原と富士山の風景

湿原のノウルシと富士山の風景 芽吹く湿原と富士山の風景

湿原の木道とノウルシ群落

一面に広がるノウルシ群落 花咲くノウルシ

ヒキノカサの黄色い小さな花 ヒキノカサの花をズームアップ


このほど、富士自然観察の会によって浮島ヶ原自然公園ガイドブックが発刊されました。園内に生息する動植物が詳細に解説されています。1冊500円、富士市内の書店などで手に入れることができます。

浮島ヶ原自然公園ガイドブック 園内に生息する動植物を詳細に解説


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« 富士山と、ナイトクルーズ。 | トップページ | 本田あまね展「南米旅行の記録2」 »

花・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士山と、ナイトクルーズ。 | トップページ | 本田あまね展「南米旅行の記録2」 »