« 富士美術研究所作品展2016 | トップページ | 富士山と、ナイトクルーズ。 »

2016.03.19

富士工場夜景カメラ女子バスツアー

2月27日、工場夜景撮影に興味ある女性を対象にしたツアーが開催され、市内外から約40人の参加者が集まりました。富士市の工場夜景を推進すべく設立された富士工場夜景事業推進協議会によって企画され、富士工場夜景倶楽部などがサポートして行われました。以下にその模様をお送りします。


撮影に行く前に講座が行われ、地元写真スタジオ「アオキカラー」の青木洋一さんから夜景の基本的な撮影方法を学びました。

まずは工場夜景撮影の講義から

講師の「アオキカラー」青木洋一さん 夜景の基本的な撮影方法を学ぶ


講座終了後、参加者はバスに乗ってふじのくに田子の浦みなと公園へ。田子の浦港と周辺の工場群が一望できる公園の展望台で手ほどきを受けながら撮影にチャレンジ。日暮れとともに港周辺の明かりが浮かび上がってシャッターチャンスを迎え、参加者は思い思いに幻想的な光景をカメラに収めていました。

ふじのくに田子の浦みなと公園の展望台で撮影

手ほどきを受けながら撮影 手ほどきを受けながら撮影

日暮れとともに浮かび上がる港の明かり 幻想的な港の光景が撮れた


続いてポリプラスチックス富士工場へ。このツアーのために普段は立ち入ることができない工場の敷地内で特別に撮影が許可され、参加者たちは工場萌え気分を味わいながら夢中になってシャッターを切っていました。

ポリプラスチックス富士工場での撮影

プラントの間近で撮影 夢中になってシャッターを切る

ポリプラスチックス富士工場の夜景写真 ポリプラスチックス富士工場の夜景写真


ポリプラスチックスでの撮影を楽しんだあとは、その東側にある新浜公園へ。ここからは川越しにきらめくプラントの全景を撮ることができ、皆さん満足そうでした。

新浜公園からきらめくプラントを撮影

思い思いに撮影を楽しむ 新浜公園からの工場夜景写真


【富士工場夜景イベント情報】
3月26日(土)に岳南電車を使った沿線の工場夜景を楽しむイベントがあり、製紙工場の中を抜ける岳南原田~比奈駅間で特別にライトアップが行われます。詳細はこちらをご覧ください。

     3月26日開催「岳南電車ライトアップ&工場夜景見学」


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« 富士美術研究所作品展2016 | トップページ | 富士山と、ナイトクルーズ。 »

イベント・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士美術研究所作品展2016 | トップページ | 富士山と、ナイトクルーズ。 »