« フジパク6 お茶と地産食材 | トップページ | 藤枝おんぱくカーニバル »

2016.04.14

すそのんぱく

前記事のフジパクと同様に、地元の魅力を体験できるプログラムを同時多発的に開催するイベントが裾野市でもこの春初めてありました。その名は「すそのんぱく」(裾野温故知新博覧会)、予約不要で気軽に参加できるプログラムに足を運んでみました。

     すそのんぱく案内ガイドマップ


まずは裾野駅の東側にある「カレー屋小松」へ。ここでは「なぜかプリンがうまい! カレー屋の限定セットメニュー」というプログラムを体験。気さくな店主さんとそこに居合わせた地元で町おこし活動をする方々と一緒に楽しい時を過ごしながら、じっくり煮込まれた昔ながらの牛すじカレーを味わいました。カレーを食したあとの濃厚な手作りプリン、とっても美味しかったです!

プログラム開催の「カレー屋小松」 店内での楽しいひと時

じっくり煮込まれたカレー カレー後のプリンが美味い!


続いて、すそのんぱく開催期間限定で裾野駅西側の空き店舗にオープンした「おんぱくカフェ」へ。このイベントの案内や軽食・コーヒーなどの提供、観光パンフレットの配布などがあり、参加者と地元の人たちとの交流の場となっていました。

開催期間限定のおんぱくカフェ すそのんぱくの案内も行う

コーヒーや軽食などを提供 裾野の観光パンフレットなどの配布・展示

プログラムの様子を紹介


お次はおんぱくカフェから徒歩3分ほどで行ける裾野市役所へ。ここではプログラムの一つ「絵はがきで見る100年前の裾野の名所」が開催されており、のどかな里山の風景が広がる昔の裾野の様子を知ることができました。

裾野市役所 「絵はがきで見る100年前の裾野の名所」の展示


最後に裾野市南部にある菓子屋さん「まめきゅう」のカフェで一服。すそのんぱくのプログラムとして、栄養価が非常に高くスーパーフードと呼ばれる「チアシード」入りの豆乳スムージーをいただきました。

まめきゅう 「チアシード」入りの豆乳スムージー


短い時間でしたが、複数のプログラムで今まで知らなかった裾野市の魅力に触れることができて良かったです。次回は時間に余裕を持たせて、まち歩きや製作体験にも参加したいと思います。


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« フジパク6 お茶と地産食材 | トップページ | 藤枝おんぱくカーニバル »

イベント・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フジパク6 お茶と地産食材 | トップページ | 藤枝おんぱくカーニバル »