« 富士山世界遺産登録3周年記念祭 | トップページ | 富士山しらす街道フェア2016 »

2016.07.14

三保松原キャンドルナイト「あかりともるよる」

6月25日、静岡市清水区にある三保松原と御穂神社で開催されたキャンドルナイト「あかりともるよる」を見に行ってきました。これは富士山世界文化遺産登録を記念して行われるようになったもので、今回で3回目となります。

まずは御穂神社で火おこしの儀式が行われ、続いて羽衣の舞が披露されました。その後、火おこしされた種火は神の道を通って三保松原に運ばれていきました。

まずは御穂神社でのイベント

火おこしの儀式 羽衣の舞

種火を持って御穂神社を出発 種火を持って神の道を歩く


三保松原に運ばれた種火は羽衣の松の碑の前に置かれ、松原に並べられたキャンドルの点灯作業が行われました。この日は三保の海岸から富士山を見ることができ、松原とコラボした世界遺産の風景を楽しめました。

三保松原と富士山の風景

羽衣の松の碑の前に置かれた種火 キャンドルの点灯作業


日暮れとともに点灯されたキャンドルの明かりが浮かび上がって、松原は幻想的な光景になりました。また、御穂神社では素敵な竹明かりのオブジェを見ることができ、心癒される夜のひと時を過ごせました。

日暮れとともに浮かび上がるキャンドルの明かり

キャンドルで幻想的な光景の松原 キャンドルで幻想的な光景の松原

海岸には富士山の形に並べられたキャンドルも<br />
 御穂神社には竹オブジェの明かり


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« 富士山世界遺産登録3周年記念祭 | トップページ | 富士山しらす街道フェア2016 »

イベント・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士山世界遺産登録3周年記念祭 | トップページ | 富士山しらす街道フェア2016 »