« Ryu×Botanica展「野生の視線」@RYU GALLERY | トップページ | フレンチテラスお披露目キャンドルナイト »

2016.11.27

第4回富士山紙フェア

10月22日から2日間、ふじさんめっせでイベント「富士山紙フェア」が開催されました。富士市の基幹産業である「紙」の魅力を広く発信するこのイベントは今年で4回目、オープニングは恒例となった富士高校による書道パフォーマンスが行われ、第六天太鼓の演奏とともに力作を描き上げていきました。

オープニングの富士高校書道パフォーマンス

オープニングの富士高校書道パフォーマンス オープニングの富士高校書道パフォーマンス


トイレットペーパー積み上げコンテストやダンボール巨大迷路、富士市の魅力が詰まったご当地かるたなど、紙を使ったアトラクションは来場者の人気を集めていました。

トイレットペーパー積み上げコンテスト

ダンボール巨大迷路 富士ご当地かるた


富士市内の製紙会社、紙関連企業・団体によるブース。展示や体験など趣向を凝らして自社の製品を大いにアピールしていました。

製紙会社等のブース

製紙会社等のブース 製紙会社等のブース


今年はユネスコ無形文化遺産に登録された日本の手漉き和紙技術(石州半紙・本美濃紙・細川紙)の実演や和紙製品の展示販売も行われました。

日本の手漉き和紙技術の実演

日本の手漉き和紙技術の実演 和紙製品の展示販売


各種紙アート作品の展示。今年はSPAC(静岡県舞台芸術センター)の舞台で使われた紙の衣装がお目見えしたほか、「紙わざ大賞」の作品展示やかつて岳南電車で活躍した機関車「デキ1号」のダンボールで作られた実物大模型も登場しました。

SPAC(静岡県舞台芸術センター)の舞台で使われた紙の衣装

「紙わざ大賞」の作品展示 「Art-station in GAKUDEN」によるダンボールの実物大機関車


この紙フェアに合わせて富士工場夜景カレンダーの2017年版が発売され、そのPRや工場夜景写真の展示も行われました。

富士工場夜景カレンダーのPR 富士工場夜景カレンダーの展示販売


屋外の広場には大きな紙管が置かれ、子供たちが思い思いに遊ぶ光景が見られたほか、飲食ブースには地元グルメの出店が軒を連ね、ゆったりとイベントを楽しめました。

大きな紙管で遊ぶ子供たち

飲食ブース前に置かれた「ふじのかみ」をPRする巨大オブジェ 地元グルメの出店が軒を連ねる


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« Ryu×Botanica展「野生の視線」@RYU GALLERY | トップページ | フレンチテラスお披露目キャンドルナイト »

イベント・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ryu×Botanica展「野生の視線」@RYU GALLERY | トップページ | フレンチテラスお披露目キャンドルナイト »