« HARE 時々 OCHA | トップページ | 復活! いちばの朝市 »

2017.05.14

四日市工場夜景撮影

4月中旬の週末、富士工場夜景倶楽部の有志で三重県四日市市まで工場夜景の撮影に出掛けました。四日市市は三重県最大の都市で、沿岸部に巨大なコンビナートがあることで知られ、近年はコンビナートなどの工場夜景が注目を集めています。以下にその模様をお送りします。

四日市に到着後、まずは市内を走るローカル線の四日市あすなろう鉄道を撮影。一般的な鉄道よりレールの幅が狭い狭軌(ナローゲージ)の鉄道ということで、そこを走る電車は小ぢんまりとしていて、可愛らしさを感じました。

四日市あすなろう鉄道を撮影

小さく可愛らしい電車 小さく可愛らしい電車

小さく可愛らしい電車 小さく可愛らしい電車


続いて、港湾部の運河に架かる貨物の引き込み線の橋「末広橋梁」周辺で撮影。1931年に造られた跳開式可動橋(跳ね橋)で、今も現役でセメント工場への資材の運搬に使われています。国内唯一となった貴重な建造物は国指定重要文化財や近代化産業遺産に認定されています。

港湾部の運河周辺で撮影

貴重な末広橋梁 貴重な末広橋梁

末広橋梁へ続く線路 運河周辺の古びた倉庫


工場夜景撮影前に腹ごしらえ。四日市の街中にある中華料理店「一楽」で、名物の四日市とんてき定食をいただきました。ボリューム満点です。

中華料理店「一楽」で夕食 四日市とんてき定食

ボリューム満点のとんてき


夕食後、いよいよ四日市の工場夜景撮影。まずは鈴鹿川の河口付近にある塩浜地区から対岸にある石油コンビナートを撮影、富士市にはないスケールの大きさに興奮しながらの撮影となりました。

四日市工場夜景撮影を開始

塩浜地区の工場夜景 塩浜地区の工場夜景

塩浜地区の工場夜景


続いての工場夜景スポットは大正橋。迫力ある石油コンビナートの建造物に目が釘付けになりました。

大正橋の工場夜景

大正橋の工場夜景 大正橋の工場夜景


工場夜景スポット巡りの最後は四日市港ポートビル。最上階の展望室「うみてらす14」からの四日市工場地帯の夜景の眺めは素晴らしく、感激しました。

四日市港ポートビル うみてらす14の四日市港に関する展示

うみてらす14からの工場夜景

うみてらす14からの工場夜景 うみてらす14からの工場夜景


短い時間ではありましたが、全国有数の工場夜景を撮影できて大満足でした。なお、今年の全国工場夜景サミットはここ四日市市で11月に開催されます。


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« HARE 時々 OCHA | トップページ | 復活! いちばの朝市 »

旅行・観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HARE 時々 OCHA | トップページ | 復活! いちばの朝市 »