« どうぶつたちの住む家 | トップページ | かけがわ茶エンナーレ (その2) »

2018.01.11

かけがわ茶エンナーレ (その1)

掛川市で10月下旬から約1か月間に渡って開催された現代アートの展示イベント「かけがわ茶エンナーレ」に足を運んでみました。日本有数の茶産地ということで、アートと茶文化のコラボレーションを図りながら、新たな魅力の発掘や地域の活性化を目指して行われたものです。期間中は掛川市内各所で多彩なアートプロジェクトが繰り広げられました。以下に見物した作品などを写真で紹介します。


まずは茶エンナーレのメイン会場と言える掛川城周辺の作品を見物。城の周辺にある史跡とともに国内外で活躍するアーティストの作品を展示したアートセレクションを楽しみました。

かけがわ茶エンナーレ開催 シンボルの掛川城

掛川城と紅葉 大日本報徳社

掛川城周辺の展示作品

掛川城周辺の展示作品 掛川城周辺の展示作品

掛川城周辺の展示作品

掛川城周辺の展示作品 掛川城周辺の展示作品

掛川城周辺の展示作品 掛川城周辺の展示作品


続いて、掛川城の西側にある江戸時代に建てられた商人の住宅「松ヶ岡」へ。高い文化的価値を持つ商家の室内や庭などに独創的な作品の数々が展示されており、目を大いに楽しませてくれました。

松ヶ岡の展示作品

松ヶ岡の展示作品 松ヶ岡の展示作品

松ヶ岡の展示作品 松ヶ岡の展示作品

松ヶ岡の展示作品 松ヶ岡の展示作品


こちらは掛川城から少し離れた場所にある掛川市街の店舗、掛川市役所、掛川森林果樹公園アトリエ、資生堂アートハウスの展示です。それぞれユニークな作品を楽しめました。

掛川市街の店舗の展示作品 掛川市街の店舗の展示作品

掛川市役所の展示作品

掛川森林果樹公園アトリエの展示作品 資生堂アートハウスの展示作品


その2に続きます。


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« どうぶつたちの住む家 | トップページ | かけがわ茶エンナーレ (その2) »

イベント・祭り」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうぶつたちの住む家 | トップページ | かけがわ茶エンナーレ (その2) »