« 野網克美個展 「あなた」の記憶 | トップページ | 藤枝おんぱく「旬を食べ尽くすツアー」 (その2) »

2018.06.09

藤枝おんぱく「旬を食べ尽くすツアー」 (その1)

全国各地で盛んに行われている地域の魅力を体験できるイベント「おんぱく」、藤枝市では毎年春に「藤枝おんぱく」(藤枝温故知新博覧会)が行われており、毎回好評で多くの参加者を集めています。

昨年参加した藤枝市内のこだわりの農産物生産者視察と地元の食を味わうプログラム「旬を食べ尽くすツアー」が良かったので、今年も参加してみました。

参加者は藤枝駅に集合し、そこからバスで山間にある助宗地区に向かいます。

藤枝駅からバスに乗っていく

バスから降りて視察場所まで歩く のどかな里山を歩く


最初の視察場所、助宗地区にあるさんかく山の里大塚園に到着。ここではお茶を中心に、みかんやブルーベリーなど多彩な農作物を安全安心にこだわって生産しています。園主の案内で園内にあるオリーブを見たあと、茶摘み体験と新茶の試飲をしました。ここで摘んだ新茶は視察後の交流会で一品料理として出されるということで楽しみです。

さんかく山の里大塚園に到着

オリーブ園を見学 茶畑へ

茶摘み体験

茶の摘み方の説明 新茶を味わう


さんかく山の里大塚園をあとにして、次の視察場所まで歩いて向かいます。周囲はのどかな里山風景が広がり、気持ち良く歩けました。

次の視察場所まで歩く 次の視察場所まで歩く


次の視察場所は志太泉酒造。明治15年創業の酒蔵で、瀬戸川沿いに佇む年季の入った木造の建物が良い雰囲気です。ここでは社長さんが蔵の隅々まで丁寧に案内してくれたほか、酒造りに使う水や自慢の酒の試飲もさせてくれました。

志太泉酒造に到着

社長さんによる地酒の説明 酒造りに使う水を試飲

蔵の中を見学

蔵の中を見学 蔵の説明を行う

自慢の酒の試飲

自慢の酒の試飲 自慢の酒の試飲


視察終了後、藤枝駅前の居酒屋に移動し、地元の食材をふんだんに使った交流会へ。(続く)


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

|

« 野網克美個展 「あなた」の記憶 | トップページ | 藤枝おんぱく「旬を食べ尽くすツアー」 (その2) »

まち歩き」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野網克美個展 「あなた」の記憶 | トップページ | 藤枝おんぱく「旬を食べ尽くすツアー」 (その2) »