富士山

2018.01.05

静岡県富士山世界遺産センター オープン!

富士宮市の浅間大社南側に静岡県富士山世界遺産センターが12月23日にオープンしました。世界遺産となった富士山を後世に守り伝えていくための拠点施設として静岡県が建設したもので、山梨県のセンターからは約1年半遅れの開館となりました。逆さ富士をイメージした逆円錐形の木格子の建物が大きな特徴で、本物の富士山とともに見応えある光景を楽しめます。

逆円錐形の木格子の建物と富士山の風景


それに先立って前日の12月22日に開館記念式典が開催されました。多くの来賓・関係者が出席して挨拶やテープカットなどが行われ、開館を盛大に祝いました。

前日に開館記念式典が行われた アルプホルンの演奏

浅間大社「浦安の舞」の披露 式典での知事の挨拶

テープカットで開館を祝う


オープン初日の12月23日に早速見学しました。館内から間近に見る木格子は迫力あるほか、1階にはミュージアムショップやカフェもあります。開館を待ちわびた多くの人で賑わい、思い思いに楽しむ光景が見られました。

オープン初日 多くの来場者で賑わう

館内からの見た迫力ある円錐形の木格子 ミュージアムショップ

富士山へのメッセージを書く


いよいよメインの木格子の中にある展示ゾーンへ。らせん状のスロープを登りながら富士登山を疑似体験できる映像を楽しめるほか、富士山の自然や文化に関する各種展示で理解を深めることができます。

展示ゾーンに入る 展示ゾーンに入る

富士登山を疑似体験できる映像 富士登山を疑似体験できる映像

らせん状のスロープが続く


らせん状のスロープを登り詰めると最上階の展望ホールに到着。ここからは富士山と富士宮の街の眺めを存分に楽しめます。

最上階の展望ホール

展望ホールの床に映る逆さ富士 展望ホールからの富士山の眺め


夕暮れ時からは木格子の部分などがライトアップされ、素敵な夜景を楽しめます。時によって、赤や青などの色付きのライトアップが行われる場合があるので要チェックです。

夜はライトアップが行われる

夜はライトアップが行われる 夜はライトアップが行われる


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2018.01.04

2018年 初富士!

2018年の元日は概ね晴天となり、朝の時間帯を中心に美しい初富士を見ることができました。以下に富士地域各所で撮った初富士を紹介します。


◇田子の浦港 (漁船パレード)

田子の浦港からの富士山

田子の浦港からの富士山 田子の浦港からの富士山


◇富士市役所屋上「ふじさんてらすMierula」 (新年特別開放)

富士市役所屋上「ふじさんてらすMierula」からの富士山

富士市役所屋上「ふじさんてらすMierula」からの富士山 富士市役所屋上「ふじさんてらすMierula」からの富士山


◇岩本山丘陵地の茶畑

岩本山丘陵地の茶畑からの富士山

岩本山丘陵地の茶畑からの富士山 岩本山丘陵地の茶畑からの富士山


◇静岡県富士山世界遺産センター

静岡県富士山世界遺産センターからの富士山

静岡県富士山世界遺産センターからの富士山 静岡県富士山世界遺産センターからの富士山


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2017.09.14

富士山峯入り修行2017

元吉原海岸から村山登山道などを経て富士山頂まで巡礼登山する恒例の「富士山峯入り修行」が今年も8月20日から行われました。まずは山伏たちが海岸での水垢離を行って身を清め、海抜0mからの富士登山がスタートしました。

元吉原海岸に集まった参加者

出発前の記念撮影 水垢離を済ませた山伏たち

海岸を出発する一行 馬に乗った山伏も登場


一行は鈴川の富士塚に到着。登山の安全を祈願して塚へ参拝し、鈴川地区住民への加持祈祷が行われたあと、住民とハイタッチしながら吉原方面に向かって歩いていきました。

鈴川の富士塚に参拝

鈴川の富士塚に参拝 住民への加持祈祷

富士塚を出発

富士塚を出発 富士塚を出発


東海道を通って昼頃吉原商店街へ。鯛屋旅館吉原本宿前では山伏による加持祈祷が行われました。

吉原商店街を歩く一行 吉原本宿前での加持祈祷

吉原本宿前での加持祈祷


吉原本宿ではこれに合わせて歌声喫茶的イベント「みんなで歌おう♪ 懐かしの歌」も行われました。

吉原本宿では「みんなで歌おう♪ 懐かしの歌」を同時開催


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2017.09.02

ユニークなかかし登場!

のどかな田園地帯が広がる富士市東部方面、稲穂が色づいてきて秋の雰囲気が漂ってきました。このほど、東部市民プラザの近くの水田にユニークなかかしが登場し、早速撮りに行ってきました。これは吉永まちづくりセンター主催の少年教育講座「父子で自然あそび隊」で作られたもので、個性あふれる表情やお洒落な衣装をまとった10体ほどのかかしが並び、通行人の目を楽しませています。

ユニークなかかしが並ぶ田園地帯

個性あふれるかかし 個性あふれるかかし

個性あふれるかかし

個性あふれるかかし 個性あふれるかかし


この周辺は富士山と新幹線の風景が撮れることでカメラマンに人気のスポット、天気が良い時には写真のような素敵な風景が撮れます。

富士山と新幹線の風景が撮れる人気スポット


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2017.08.26

富士山頂往復マラニック

前記事に続き、田子の浦からの富士登山イベントです。8月4日から2日間の日程で田子の浦と富士山頂を往復するイベント「富士山頂往復マラニック」が開催されました。マラニックとはマラソンとピクニックを合わせた造語で、通常のマラソンのように順位やタイムを競うことはせず、景色などを楽しみながらゆったり走るものです。

全国各地から約300人が参加、初日の夕方にふじのくに田子の浦みなと公園をスタートしていきました。

みなと公園に集まった富士山頂往復マラニック参加者

みなと公園をスタート ゆったりとしたペースで走っていく


スタート時には雲間から富士山が姿を見せ、ランナーを歓迎しているかのようでした。

スタート時に富士山が姿を見せた

スタート時に富士山が姿を見せた スタート時に富士山が姿を見せた


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2017.08.25

0からはじまる「チャレンジ3776」

7月29日から4日間の日程で富士市内の小学生が海抜0mからの富士登山に挑戦するイベント「0からはじまる『チャレンジ3776』」が開催されました。これは富士商工会議所青年部(富士YEG)の創立25周年記念事業として行われたもので、多数の応募があった中、抽選で選ばれた小学4~6年生の30人が参加しました。

イベント初日、スタート地点のふじのくに田子の浦みなと公園で出発式が行われ、参加児童の代表が意気込みなどを発表しました。

0からはじまる「チャレンジ3776」参加の小学生たち

出発式が行われる 参加児童の代表が意気込みを発表


いよいよ海抜0mからの富士登山がスタート。園内にある「はじまりの鐘」を鳴らして登山の安全を祈願しました。

海抜0mからの富士登山がスタート

「はじまりの鐘」を鳴らす参加児童 「はじまりの鐘」を鳴らす参加児童


関係者や父兄、集まった市民にハイタッチをしながら元気良く出発、富士YEGメンバーの手厚いサポートを受けながらゆっくりと富士山頂を目指していきました。

ハイタッチをしながら出発していく

ゆったり富士山頂を目指して歩いていく みなと公園をあとにする


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2017.07.26

富士山登山ルート3776 かぐや姫ツアー

7月8日から3泊4日の日程で富士市のかぐや姫と一緒に海抜0mから富士山頂を目指すイベント「富士山登山ルート3776 かぐや姫ツアー」が行われ、市内外から10人の参加者がありました。月ではなく富士山に帰って幸せに暮らしたという富士市に伝わるかぐや姫伝説にちなんで今回企画されました。

まずは鈴川の富士塚で出発式がありました。登山の安全を祈って富士塚を参拝したあと、かぐや姫の村松未奈さんが決意を述べたほか、市長の挨拶などが行われました。

富士塚を参拝する参加者

富士塚での記念撮影 決意を述べる富士市かぐや姫の村松さん


富士塚入口の鳥居でガッツポーズをして出発。集まった鈴川地区の住民とハイタッチしながら富士山に向けて歩を進めていきました。また、鈴川盛年会による太鼓演奏が行われ、参加者を激励していました。

富士塚入口の鳥居でガッツポーズ

住民とハイタッチしながら歩き始める

富士山に向かって歩を進めていく Ftr3776kaguya07

鈴川盛年会による太鼓演奏 鈴川盛年会による太鼓演奏


吉原商店街では冷茶やスイカなどを出して一行をおもてなししたほか、吉原祇園太鼓の演奏でツアーを盛り上げていました。

吉原商店街を歩く一行 冷茶などのおもてなし

商店街の関係者などと記念撮影


その後一行は富士市役所で昼食休憩をしたあと、午後は富士山かぐや姫ミュージアムに立ち寄って見学。東海道表富士店主・富士山登山ガイドの西川卯一さんが館内にある富士山信仰などの展示物について解説しました。

富士山かぐや姫ミュージアムを見学

富士山かぐや姫ミュージアムを見学 富士山登山ガイドの西川卯一さんによる解説


一行は行程4日目の7月11日昼頃、山頂に無事到着しました。今後の富士山登山ルート3776関連のイベントは、7月29日から富士市内の小学生が海抜0mからの富士登山に挑む「0からはじまる『チャレンジ3776』」が行われるほか、8月5日からはこのルートを使ったトレイルランニングイベント「TRAIL RUN@MT. FUJI」があります。


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2017.07.12

富士山お山開き写真展

現在、新富士駅ステーションプラザFUJIで「富士山お山開き写真展」が開催されており、写団ふじの会員たちが「優しい富士・厳しい富士」をテーマに撮影した四季折々の富士山写真を楽しむことができます。開催期間は7月14日(金)までです。

お山開き写真展開催の新富士駅ステーションプラザFUJI

展示写真 展示写真


プラザ内にある観光案内所の前には大きな金剛杖が展示されているほか、富士登山に関するパンフレットの配布コーナーや世界遺産富士山を紹介するデジタルサイネージもあり、夏山シーズンを迎えた富士山をアピールしています。

大きな金剛杖の展示


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2017.05.22

田貫湖ダイヤモンド富士 2017年春

毎年4月と8月の20日前後に見られ、多くのカメラマンが撮りに訪れる田貫湖のダイヤモンド富士、私も毎回楽しみにしています。今回もチャンスを見計らって撮りに行ってきました。

天気に恵まれた4月20日、田貫湖へは夜明け前に到着。すでにたくさんのカメラマンが集結していました。何とかカメラをセットできる空間を見つけて夜明けの風景を楽しみました。その間にも続々とカメラマンの車が湖畔に押し寄せ、それが光跡となって写りました。

田貫湖からの夜明けの富士山


夜明けとともに薄雲が出始め、綺麗な紅色に色付く光景を楽しめました。朝焼け後も素敵な薄雲の流れを見ることができ、癒しのひと時を過ごせました。

薄雲が朝焼けして綺麗な風景を楽しめた

綺麗な薄雲と富士山の競演 綺麗な薄雲と富士山の競演


午前6時を過ぎて、いよいよダイヤモンド富士の時間。薄雲が多くなって綺麗にダイヤモンドが撮れるかどうか心配でしたが、無事に山頂から光が射して湖面にも映るダブルダイヤモンド富士を撮ることができました。

ダイヤモンド富士直前 薄雲が気になる 山頂から日が昇り始める

無事にダブルダイヤモンド富士が撮れた


この日は湖畔の桜が満開、咲き誇る桜越しに見るダイヤモンド富士の風景も撮ることができて嬉しい気分でした。

咲き誇る桜越しのダイヤモンド富士も撮れた


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2017.05.02

2017年 新茶と富士山の風景

今日(5月2日)は八十八夜、富士地域は新茶薫る季節を迎えています。ここでは茶畑と富士山の風景が見られるスポットで撮影した写真を紹介します(撮影:4月29日・30日)。富士山をバックに茶畑が萌えるような新茶の色に包まれ、一年のうちで最も美しい風景を存分に楽しめます。

特に富士市大淵の笹場(笹葉)と呼ばれる地区にある茶畑は美しい風景が楽しめることで広く知られ、多くのカメラマンや観光客が訪れます。ここでは明日(5月3日)に「おおぶちお茶まつり」が開催され、茶娘の撮影会や野点、模擬店などの催し物が行われます。


◇大淵笹場

大淵笹場からの新茶と富士山の風景

大淵笹場からの新茶と富士山の風景 大淵笹場からの新茶と富士山の風景


◇富士市今宮

富士市今宮からの新茶と富士山の風景

富士市今宮からの新茶と富士山の風景 富士市今宮からの新茶と富士山の風景


◇岩本山の丘陵地

岩本山の丘陵地からの新茶と富士山の風景

岩本山の丘陵地からの新茶と富士山の風景 岩本山の丘陵地からの新茶と富士山の風景


◇富士宮市杉田

富士宮市杉田からの新茶と富士山の風景

富士宮市杉田からの新茶と富士山の風景 富士宮市杉田からの新茶と富士山の風景


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧